spacer


吉澤 英樹 よしざわ ひでき/教授/基盤科学研究系
物質系専攻/物質科学協力講座/
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/neutron/yoshizawa/index.html

略歴
1976年3月 東京大学工学部物理工学科卒業
1981年3月東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了(理学博士)
1981年4月ブルックヘブン国立研究所物理部研究員
1984年5月東京大学物性研究所中性子回折物性部門助教授
1993年4月東京大学物性研究所附属中性子散乱研究施設助教授
2001年3月東京大学物性研究所附属中性子散乱研究施設教授
2003年4月東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設教授(改組による、現職)
教育活動
大学院新領域創成科学研究科物質系専攻:放射光と中性子による物性研究
研究活動
 中性子散乱法は、原子炉や陽子加速器で生成される中性子ビームをプローブとして用いて行なわれる物質の研究手段の一つである。中性子を物質に入射させると中性子の物質波としての波の性質のため、中性子は物質により散乱・回折される。このうして散乱された中性子のエネルギーや運動量を分析することにより物質の構造や素励起の励起スペクトルを中性子散乱実験により研究することが出来るのである。現代では、X線回折実験や電子線回折実験を初めとして構造解析の手段は多数あるが、中性子散乱の特徴は、中性子が電荷を持たないことと、磁気モーメントを持つことにある。中性子は電荷を持たないので物質の奥深くまで浸入することができ、物質の表面や界面ではなく、試料全体としてのバルクの性質を調べることが得意な構造解析手段である。また、磁性の原因となる不対電子の磁気モーメントと相互作用するため、物性の示す磁気的性質をミクロな観点から調べることの出来る非常に強力な研究手段でもある。さらに、物質中で回折される数オングストロームの波長を持つ中性子は数十meV程度のエネルギーを持ち、物質内の素励起と同程度のエネルギーであるため、素励起との相互作用により中性子のエネルギーが変わるとその波長が数%から数十%も変化するため、物質内の素励起を測定するのにも非常に都合がよい。このように中性子散乱実験は物質の構造とダイナミクスの両方を同時に調べることの出来る非常に便利な研究手段であり、物性物理学から化学、高分子科学、ゾルやゲルの科学、生物学、さらには工学的応用まで非常に広範囲な研究分野で用いられている。
 本研究室では、中性子散乱を主要な研究手段として、磁性体や強相関電子系、超伝導体などの示す磁気構造や磁束格子の構造、また、電子やホールが物質内で示す様々な電荷秩序やd電子の軌道の示す軌道秩序などが物性の発現に対してどのような役割を果たしているのかを解明することを目的に研究を進めてきている。

hideki_yoshizawa
Figure: 中性子散乱で観測されたMn酸化物の示す擬ストライプ秩序
[文献]
1) Kajimoto R. et al. Phys. Rev. B67, 14511, 2003.
2) Ishizaka, K. et al. Phys. Rev. B67, 184418, 2003.
3) Kajimoto R. et al. Phys. Rev. B66, 180402, 2002.
4) Kawano-Furukawa H. et al. Phys. Rev. B 65, 180508, 2002.
その他
所属学会:日本物理学会、日本中性子科学会(評議員)
spacer
将来計画
 本研究室の研究活動は柏キャンパスにおける活動と、茨城県東海村の日本原子力研究所内の研究用原子炉に物性研究所附属中性子科学研究施設が設置する中性子散乱研究設備群を用いた研究活動の2本立てである。柏キャンパスでは中性子散乱実験用試料の作成や予備測定などを行い、東海村の研究施設においては、中性子散乱実験設備を駆使して行なう物性研究が研究活動の中心であるが、中性子散乱回折実験技術の開発や、中性子分光器の開発・建設も行なっている。
教員からのメッセージ
 中性子散乱のように大型研究設備を用いる研究は、大学のキャンパス内の研究室では出来ません。現代では、そのような様々なユニークな研究手段も用いて研究が行なわれていることを大勢の学生に知ってもらい、そのような研究に対して大いに興味を持ってもらいたいと思います。
top