spacer


浅田 昭 あさだ あきら/教授/環境学研究系
海洋技術環境学専攻/生産技術研究所海中工学研究センター/海洋音響システ ム工学
http://unac.iis.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1977年3月早稲田大学理工学部電子工学科卒業
1995年10月東京大学理学博士授与
1977年4月〜1978年2月株式会社諏訪精工舎
1979年4月海上保安庁水路部測量課
1982年4月運輸省大臣官房国際課
1984年4月海上保安水路部海洋調査課(海洋調査官、主任・上席海洋調査官、補佐官)
1994年6月海上保安水路部企画課海洋研究室上席研究官
2000年4月東京大学生産技術研究所海中工学研究センター教授(現職)
教育活動
大学院:海洋音響計測
学部:海中工学
研究活動
海洋資源の利用促進に向けた海底位置・地形の高精度計測技術の開発(2008-)
海洋資源の利用促進に向けたコバルトリッチクラストの厚さの高精度計測技術の開発分担
(2008-)
高速水中音響ネットワークシステムの開発(2007-2008)
音響ビデオカメラを用いた重要養殖魚の成育計測法の開発、水産総合研究センターと共同
研究(2008-)
音響ビデオカメラを用いた港湾構造物劣化診断装置の研究開発、北海道開発局と共同研究
(2007-)
沿岸重要施設をテロから守る水中セキュリティソーナー開発(2005-2007)
海底ステーションを基地とする海中観測ロボットによる自動海底地殻変動観測手法の開発
(2005-2009)
Lアレイインターフェロメトリ精密地形計測ソーナーの開発研究、深海知能ロボットの開
発研究分担(2001-2005)
海溝型巨大地震防災に向けた海底地殻変動ネットワーク観測、海上保安庁と共同研究
(2000-)

Underwater Security Sonar Systems
Underwater Security Sonar Systems


Seafloor Geodetic Observation System with <br>AUV
Seafloor Geodetic Observation System with
AUV


Advanced Sonar Technologies for AUV Skimming Survey
Advanced Sonar Technologies for AUV Skimming Survey

[文献]
1) Han, Asada, Ura, Yamaguchi, Yagita, Maki: Nonconcept power supply for seafloor geodetic observing robot system. J. Mar. Sci. Tech. 12 (2008) 183-189.
2) Asada, Mochizuki, Ura, ..., Nagahashi: Evaluation result of new seafloor mirror transponder and AUV observation system in seafloor geodetic observation. Proc.
OCEANS'07. 061215-094. (2007) (CD-ROM).
3) Asada, Maeda, ..., Hantani: Advanced surveillance technology in underwater security sonar systems. Proc. OCEANS'07. 061213-002. (2007) (CD-ROM).
4) Mochizuki, Asada, ..., Nagahashi: Development of Seaflooor Geodetic Observation System Based on AUV Technology. Proc. UT'07. (2007) (CD-ROM).
5) Maeda, Asada, ..., Hantani: Development of diver detection and sensor integration for wharf surveillance software. Proc. UT'07. (2007) (CD-ROM).
6) Koyama, Asada, ..., Nagahashi: Bathymetric survey at hydrothermal site by L-array Interferometoric sonar mounted on AUV-r2D4. Proc. UT'07. (2007) (CD-ROM).
7) Han, Asada: Acoustic Counting method of upstream juvenile ayu plecologlossus altevelies by using DIDSON. Proc. UT'07. (2007) (CD-ROM).
8) Han, Asada, Yagita: High Speed Acoustic Network with 2MHz Carrier Frequency for Seafloor Geodetic Robot System. Proc. UT'07. (2007) (CD-ROM).
9) Han, Asada, Yagita: New USB-based 3D digital echo sounder system for mapping and assessing fish and aquatic plants. Fisheries Sci. 73(4) (2007) 770-776.
10) Asada, Ura, ..., Nagahashi: Performance evaluation of advanced seafloor geodetic observation system using autonomous underwater vehicle. 2007 Proc. Meet. Marine.
Acoust. Soc. Japan. (2007) 117-120 (in Japanese).
11) Mochizuki, Narita, ..., Asada: Acoustic phase characteristics and phase centers of acoustic transducers for seafloor geodetic observation. Rep. Hydro. & Oceano.
Researches. 43 (2007) 29-36 (in Japanese).
12) Asada, Ura, ..., Nagahashi: First sea-trial of advanced seafloor geodetic observation system using autonomous underwater vehicle. 2006 Proc. Meet. Marine.
Acoust. Soc. Japan. (2006) 89-92 (in Japanese).
13)前田文孝, 浅田 昭, 他 : 水中セキュリティソーナーシステムのための統合沿岸監視機能の開発”, 第20回海洋工学シンポジウム, 2008-3.
14)前田文孝, 浅田 昭, 他 : 水中セキュリティソーナーシステムにおける岸壁固定型音響レーダーサブシステムの開発, 第20回海洋工学シンポジウム, 2008-3.
15)韓軍, 浅田 昭, 八木田康信 : PPPによる水中近距離高速音響ネットワークシステム, 第20回海洋工学シンポジウム, 2008-3.
16)望月将志, 浅田 昭, 浦 環, 他 : AUV技術が変える海底地殻変動観測, 第20回海洋工学シンポジウム, 2008-3.
17)韓軍, 浅田 昭, 山本寛行 : DIDSONによる大島海域魚礁効果観察, 平成20年度日本水産学会春季大会, 2008-3.
18)佐藤まりこ, 齋藤宏彰, ..., 浅田昭 : 海底地殻変動観測の最近の成果, 海洋調査技術学会第19回研究成果発表会, 66-67, 2007-11.
19)浅田昭, 望月将志, 浦環, 他 : 最新の海中ロボット搭載型海底地殻変動観測システム, 海洋調査技術学会第19回研究成果発表会, 68-69, 2007-11.
20)浦環, 永橋賢司, 浅田昭, 他 : 自律海中ロボットr2D4によるインド洋中央海嶺潜航, 海洋調査技術学会第19回研究成果発表会, 60-61, 2007-11.
その他
海洋音響学会, 副会長,総務理事,評議委員, 表彰委員, 海洋調査技術学会, 企画運営委員, 日本海洋工学会, 理事, 運営委員, Chair of IEEE OES Japan Chapter, 日本学術振興会 科学研究費委員会, 委員, 東京大学海洋研究所学術研究船共同利用運営委員会船舶部会, 委員, 海洋研究開発機構「地震・津波ネットワーク観測監視システム構築」研究推進委員会, 委員, 防衛省技術研究本部 研究外部評価委員会, 委員長、海上保安庁 UJNR海底調査専門部会, 日本側技術顧問
(社)マリノフォーラム21 海中給餌システム事業推進委員会, 委員, 海中海底工学フォーラム運営委員会, 委員, 科学技術振興調整費研究「水中セキュリティソーナーシステムの開発」研究運営委員会, 委員長, 科学技術振興調整費研究「先端技術による動的土砂管理と沿岸防災」研究運営委員会, 委員
spacer
将来計画
海洋生物資源、海底鉱物資源開発、海洋からの自然災害防災、海洋環境保全、海洋を活用する術として計り知れないポテンシャルを持つ水中音響技術、海底音響計測、水中音響映像、水中音響航法、音響通信などを高度に発展させる。
教員からのメッセージ
この道は神が唯一私に与えてくれたもの、良い道は自分で切り開いてこそ価値が生まれる。
top