東京大学大学院新領域創成科学研究科PROSPECTUS
緒言
研究科紹介
研究科長挨拶
研究科がめざすもの
教員紹介
授業科目表
基盤科学研究系
物質系専攻
先端エネルギー工学専攻
複雑理工学専攻
生命科学研究系
先端生命科学専攻
メディカル情報生命専攻
環境学研究系
自然環境学専攻
海洋技術環境学専攻
環境システム学専攻
人間環境学専攻
社会文化環境学専攻
国際協力学専攻
サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム
研究科附属施設
生涯スポーツ健康科学研究センター
オーミクス情報センター
バイオイメージングセンター
ファンクショナルプロテオミクスセンター
革新複合材学術研究センター
 
研究科紹介

「学融合」という概念で
新しい学問領域を創出する

 新領域創成科学研究科は、学際性をさらに推し進めた「学融合」という概念で新しい学問領域を創出することを目指して1998年に設置された。現在は、基盤科学研究系、生命科学研究系、環境学研究系に属する11専攻と、全系にまたがるサステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム、特徴のある5つの研究センターから構成されている。ナノ、物質・材料、エネルギー、情報、複雑系、生命、医療、環境、国際協力など、伝統的な学問体系では扱いきれなくなった分野横断的な重要課題に取り組むために、各分野をリードする意欲的な教員が集結した。180名余の教員、1,370名余の大学院学生を擁し、組織の壁を取り払った自由でオープンな研究教育環境の中で多様なメンバーが密に交流・協力し、人類が直面する新しい課題に挑戦していくことが研究科の基本理念である。

 学生の教育においては、幅広い教養と深い専門性を併せ持つ人材を育成するために、数々の横断的教育プログラムを実践している。柏キャンパス内の物性研究所、大気海洋研究所、カブリ数物連携宇宙研究機構、宇宙線研究所と連携した深くかつ幅広い専門教育とともに、社会のリーダーとなるための知力と体力を高めるプログラムや付属施設の充実にも力を入れている。また、産学連携や地域との連携においては、柏の葉キャンパス駅前に2014年に竣工した東京大学フューチャーセンターや柏の葉アーバンデザインセンターを拠点として、柏スマートシティの社会実験への参加や、ベンチャー企業への支援など新しい取り組みをおこなっている。また、東京大学が進める筑波-柏-本郷イノベーションコリドー構想の中核拠点として、柏第2キャンパスに産学協創拠点の構築を進めている。さらに大学の国際化においては、留学生の居住施設を備えた学住一体の国際カレッジ化を推進しており、東京大学の国際化の窓口としての役割を担っている。本研究科は豊かな緑と先進的な都市機能を融合させた未来指向都市の中核をなすキャンパスの中で、新天地の開放感を享受しながら成長を続けている。

柏キャンパス

 

既存領域の壁を乗り越え知の最前線を拓く

未来は常に新しい知を求めています。
立ちふさがる難問に穴を穿ち、その先への道を示す健全で力にあふれた知を。

東京大学新領域創成科学研究科は
先端的な3 つの研究系を緑豊かなキャンパスに結集し、
自由闊達な学の融合により、未開拓領域の研究・教育を推し進めています。

「新物質」「エネルギー」「宇宙」「脳」「資源」「国際協力」「医療」「情報」「生命・バイオ」。
人類の未来を担う研究分野のひとつひとつが
未だ見ぬ知恵と想像力、直観と情熱を求めています。

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く。
その冒険に、あなたも参加しませんか。

柏キャンパス

 

「学融合」が生み出すモノ

新領域創成科学研究科は、東京大学のすべての部局の全面的な協力のもとに新設された修士・博士課程のみの大学院(独立研究科)です。本研究科を構成する基盤科学、生命科学、環境学の各研究系に共通する特徴は、既存の個別学問分野から派生する未開拓の領域を研究・教育の対象とし、人類が解決を迫られている課題に取り組んでいることです。
この新たな領域に果敢に挑戦するため、本研究科では「学融合」を基本理念に、多様なバックグラウンドを持つ教員を、内外の研究・教育機関から結集し、領域横断的な研究課題をカバーするように配置しました。これまでに約7,500 名の修了者を世に送り出し、現在1,370 名余の学生が在籍しています。未来は常に新しい知を求めています。
立ちふさがる難問に穴を穿ち、その先への道を示す健全で力にあふれた知を。

柏キャンパス

 

組織図

 

学融合・知の冒険

 

新しい「学び」のための最適環境

柏キャンパスのもうひとつの特長はキャンパスの外にあります。
それは、あふれる緑と快適な都市機能を融合させたコミュニティ。
フューチャーセンター推進機構をはじめとする先進的な施設が
コンパクトで洗練された「学び」の環境を提供します。
駒場、本郷に並ぶ東京大学の最新キャンパスが、
コミュニティ全体であなたの知の冒険をサポートします。

柏キャンパス

 

領域横断的な研究を先導する最新キャンパス
専門領域の継承と内在的発展を目指す本郷キャンパス、学際的な教育と研究を使命とする駒場キャンパスに対して、柏キャンパスでは既存の諸専門領域を基礎にさかのぼって組み替えた領域横断的な教育と研究、すなわち「知の冒険」を追求します。柏キャンパスを本郷、駒場に続く第3番目の「極」として充実させることにより、東京大学が目指す三極構造が完成します。

未来を切り拓く教育研究の新たな拠点として、成熟度の異なるディシプ リンの融合による大学院教育と研究を行い、知の冒険を試みながら、新 しい学問分野の創成を目指します。
全学の学部前期教育を受け持つほか、異なるディシプリンの相互作用や社会との交流を基本として、学部後期課程、大学院にも及ぶ学際的な教育と研究を行います。 「三極構造」の重心をなすキャンパスとして、伝統的なディシプリンを基礎とし、学部後期課程から大学院に及ぶ教育と研究を行います。

 

研究成果を社会に活かす仕組みと環境
新領域創成科学研究科では、研究成果の社会還元を目的に、柏市、流山市、千葉県、千葉大、周辺企業とともに地域連携、産学連携、国際交流を積極的に進めています。
平成18年の柏の葉アーバンデザインセンター( UDCK)の開設をはじめとして、平成20年にはフューチャーセンター推進機構(FC機構)を設置、「柏の葉国際キャンパスタウン構想」を策定しました。
柏市は、平成21年に「ITS実証実験モデル都市」、平成23年に「環境未来都市」及び「地域活性化総合特別区域」に指定されていますが、これらは超高齢社会に対応した未来指向都市(スマートシティ)の社会実験を目的としています。本学はそのための先端技術を開発提供しており、そうした技術を基礎にした新たな産業の創出も目指しています。

柏キャンパス柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)

地域連携を担う UDCK は、柏の葉キャンパス駅前に専用の施設を持ち、 地域住民へのセミナーや学生主催のイベントを開催しています。社会実験の中心拠点である FC 機構は同駅前に6,000 平米に及ぶ総合研究棟を擁しています。産学連携の分野では、東葛テクノプラザ(千葉県)と東大柏ベンチャープラザ(中小機構)を拠点とした東大発のベンチャー企業が育っています。国際交流に関しては、国際センター柏オフィスが留学生や海外研究者の来日手続きや生活支援を行っています。柏Uキャンパスには外国人専用の寮もあり、学生と研究者が学住一体の環境で学ぶことができます。

柏キャンパス
フューチャーセンター推進機構(FC 機構)(左)  東葛テクノプラザ (右)

 

柏キャンパス
 
沿 革
1998年  4月 大学院新領域創成科学研究科設置
1999年  4月 学生受け入れ開始
2001年  3月 生命棟竣工
2002年  3月 基盤棟(1期)竣工
2003年  4月 情報生命科学専攻設置
   9月 基盤棟(2期)竣工
  12月 基盤科学実験棟竣工
2004年  4月 メディカルゲノム専攻設置
  10月 総合研究棟竣工
2005年  4月 生涯スポーツ健康科学研究センター設置
2006年  3月 環境棟竣工
2008年  4月 海洋技術環境学専攻設置
    オーミクス情報センター設置
    基盤情報学専攻 工学系研究科へ
2009年  4月 バイオイメージングセンター設置
2011年  4月 ファンクショナルプロテオミクスセンター設置
  12月 革新複合材学術研究センター設置
2015年  4月 メディカル情報生命専攻設置

キャンパスライフ


広々とした柏キャンパスでは、バーベキュー、餅つき、ミニコンサート、テニスやバスケットボールの大会など、
様々な交流イベントが開催され、柏Uキャンパスのスポーツ施設も開放されています。図書館では、広くて快適
な閲覧室が利用でき、メディアホールでは各種講演会が開催されます。美しく整備された柏の葉公園が目の前に
あり、研究の合間に散策が楽しめます。柏の葉キャンパス駅周辺は、美観と利便性を兼ね備えたスマートシティ
として発展を続けています。

柏キャンパス

 

新領域創成科学研究科 研究科、研究系及び専攻における教育研究上の目的

新領域創成科学研究科の、研究科、研究系及び専攻における教育研究上の目的のページをご参照ください。


▲TOPへ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo