東京大学大学院新領域創成科学研究科PROSPECTUS
緒言
研究科紹介
研究科長挨拶
研究科がめざすもの
教員紹介
授業科目表
基盤科学研究系
物質系専攻
先端エネルギー工学専攻
複雑理工学専攻
生命科学研究系
先端生命科学専攻
メディカル情報生命専攻
環境学研究系
自然環境学専攻
海洋技術環境学専攻
環境システム学専攻
人間環境学専攻
社会文化環境学専攻
国際協力学専攻
サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム
研究科附属施設
生涯スポーツ健康科学研究センター
オーミクス情報センター
バイオイメージングセンター
ファンクショナルプロテオミクスセンター
革新複合材学術研究センター
研究科附属施設 生涯スポーツ健康科学研究センター  
専攻パンフレット 専攻ホームページへ
生涯スポーツ健康科学研究センター
 少子高齢化社会の進行に伴って、「子どもの体 力低下」や「寝たきり予防」への取り組みが緊急 の課題となっています。生涯にわたる健康、お よび健康長寿社会の実現は、現代社会において 実現されるべき最も重要な課題のひとつになっ ています。
 本センターでは、幅広い年齢層のスポーツ選 手をはじめ、子どもから青少年、中・高齢者、お よび低体力状態にある人々を対象にして、人と しての活動能力を高め、健康で活動的な状態へ の回復、体力の維持・向上、および心身共に健や かで質の高い生活(QOL)を享受できるための 実践的、応用的研究を推進し、広くその成果を 還元することを目的としています。体力や運動 能力の向上をはかるためには、様々な運動やト レーニングの方法がありますが、四肢や体幹部 (体幹深部)の筋群の働きを効率的に高めること ができる「認知動作型トレーニングマシン」を用 いたトレーニングや、運動を介して脳の働きを 高めるトレーニング、および筋の活動を活性化 する新しいトレーニング法などについての研究 がすすめられています。平成17年度は、低体力 高齢者や知的障害児を対象としたトレーニング 実施研究を行い、参加者の方々から感謝されて います。地域社会と連携した健康づくりも進めつ つあります。このセンターの特徴として、小林寛道 教授が開発したスプリント・トレーニングマシン (足が速くなるマシン)、和舟漕ぎマシン、ゴルフ マシン、球体面マシンなどをはじめ、従来型筋ト レマシンも設備されています。
柏Uキャンパス「生涯スポーツ健康科学研究センター」入口
ソフト筋トレマシンを用いた低体力者トレーニング
スプリント・トレーニングマシン等が設置されているジム内部
教員紹介
基幹講座・寄付講座
福崎 千穂  
▲TOPへ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo