組 織 利用方法 機器紹介 サービス紹介
 
 
 


DNA、RNA、cDNAの準備

必要量、純度等はHPに指定。詳細相談に応じる。


DNA・cDNAの準備・各種Lib化

キット代:
サンプルごとに必要

DNA:片側read用キット
DNA:両側read用キット
DNA:リンキングライブラリキット
RNA用(片側readのみ)キット
Chip用(片側readのみ)キット
Small-RNA用
(片側readのみ)キット
など



増幅

解析量と解析機種ごとの経費計算
基本解析量:1スライド分/1回。

なお、
イルミナ:1/8回の解析も可能
SOLiD:2,1,1/2,1/4, 1/8回の解析も可能
454:1,1/2,1/4,1/8, 1/16での解析も可能



シークエンス

イルミナ:
両側readはコスト2倍。最小の塩基数(36)があり、さらに読む塩基数に比例し負担増。
SOLiD:
両側readはコスト2倍。35塩基か50塩基。
454:
片側read400-500塩基。両側readは平均300塩基(片側各150塩基)。


MAPping Tag-count

最小限の情報処理(ゲノム配列への張りつけ等)をして解析データを提出(無料)。

〒277-8581 千葉県柏市柏の葉 5-1-5
   東京大学大学院新領域創成科学研究科
  オーミクス情報センター共同利用係
   Tel. 04-7136-4080/4070(内線:64080/64070)