新東京大学大学院領域創成科学研究科
1万分の1度ほどのX線の屈折を利用した革新的X線撮影装置を開発
−乳がんやリウマチの早期診断を可能に−

 平成23年2月16日、文部科学省において「1万分の1度ほどのX線の屈折を利用した革新的X線撮影装置を開発 −乳がんやリウマチの早期診断を可能に−」の件、共同記者会見が行われました。
 詳細は、科学技術振興機構(JST) プレスリリース記事をご確認ください。

科学技術振興機構(JST) プレスリリース記事




▲このページの先頭へ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo