東京大学大学院新領域創成科学研究科
Graduate School of Frontier Sciences, The University of
Tokyo
新領域創成科学研究科第1回運動会が開催されました

 柏キャンパスのすぐ隣には、サッカーなどの公式競技が行われる、柏の葉公園総合競技場がある。ナイター設備を備え、観客席が大空に聳え立つ一流の競技場である。2009年11月6日午後3時、この柏の葉運動競技場に300名を超える新領域創成科学研究科の教職員、学生が集い第1回の大運動会が開催された。天候は快晴で、11月でありながら大変暖かく、まさに運動会日和である。

 三々五々と集まり始めた学生さん達に混じって、教員や職員の皆様も数多く応援に駆けつけていただいた。力の有り余る学生さんたちは、早速トラックでジョギングを始める。トラックの上から、環境棟を眺めると、とても不思議な気分になる。いつも外から眺めているだけの競技場も、中に入ってみると、優れた設備や、トラックの走りやすさに改めて感慨が深い。

 大和研究科長の開会挨拶の後、応援団による応援から、運動会が始まった。なかなかのパフォーマンスで、皆を沸かせる。体を動かす前に、心をリラックスさせるという実行委員会の狙いか。

 大縄跳びは、3分間の間に何人が縄跳びを飛んで通り抜けられるかを競う。この縄を回すのがまた一苦労。速く回すと回数は稼げるが、引っかかる確率も大きくなる。このあたりが駆け引き。次に個人参加のProfessor Kashiwaによるクイズ大会。図書館の蔵書数など、柏に居れば当然知っていそうな問題がなかなかあたらない。普段何気なく過ごしてしまっているかと反省。

 6人7脚以上は、6人以上であればOKなので、10人くらいのチームも出現。見ていると、なぜうまく走れないのか?と思ってしまうが、いざやってみると、こりゃ大変じゃ。
最後はチーム対抗600mリレー。年齢ハンデをつけてクレー。昔のカモシカは、太った豚となり、チームの足を引っ張る。

 ダンスチームのすばらしいパフォーマンスの後、表彰式。優勝はサイボーグMEDAKAチーム。クイズ優勝は青沼さん。専攻優勝は海洋技術環境学専攻に決まった。

 なお、本企画は、全て学生有志諸君による実行委員会が実施した。改めて、その実行力に敬意を表するとともに、心から感謝したい。無事に事故無く運動会ができたことも、実行委員会や参加いただいた教職員、学生の皆様のご協力の賜物である。
研究室を超えて、専攻を超えて、研究科を超えて、楽しく交流することが、学融合の鍵かも知れない。できれば毎年定期的に開催できると良いと考える。


研究教育改善室長 岡本孝司

写真
開会式
写真
研究科長挨拶
写真
準備体操
写真
競技風景
写真
競技風景
写真
受賞の瞬間
写真
優勝チーム
写真
優勝チーム
写真
アトラクション・ダンスチーム
写真
クイズ大会出題者
写真
研究教育改善室長挨拶
写真
運動会運営陣

 

 

 


 

▲このページの先頭へ
 

All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo