月周回衛星「かぐや(SELENE)」の4ウェイドップラ観測による月の裏側の重力場
Farside Gravity Field of the Moon from Four-way Doppler Measurements of SELENE (Kaguya)


  複雑理工学専攻杉田精司准教授、博士課程黒澤耕介らが共著の論文、「かぐや(SELENE)」の4ウェイドップラ観測から得られた月の裏側の重力場」
Farside Gravity Field of the Moon from Four-way Doppler Measurements of SELENE (Kaguya)が、平成21年2月13日発行の米科学誌「Science」で発表されました。
 今号の「Science」は、月周回衛星「かぐや」とリレー衛星「おきな」から得られた研究成果が特集されたものです。
 詳細については、以下をご覧ください。

JAXAプレスリリース記事
九州大学プレスリリース記事(PDF)

Lunar_Gravity
月全球の重力異常図(ブーゲ重力異常)。左側が裏側、右側が表側。数字の 単位は加速度でミリガル(1ミリガル=10-5 m/s2)(国立天文台/九州大学 /JAXA/SELENE)

 


▲このページの先頭へ

All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo