寺嶋・伊研究室

プロセス物性科学

研究内容紹介

本研究室では、複雑系プラズマ材料科学の創成を目指し、凝縮相との非平衡な相互作用の理解と制御に主眼を置いて研究を進めています。 例えば、超臨界流体や溶液雰囲気におけるプラズマ誘起ナノダイヤモンド合成等、従来の室温低圧雰囲気とは異なる“①流体とプラズマ ”の相互作用を用いた研究や、極低温のプラズマであるクライオプラズマを用いることで実現される氷やドライアイスといった“②低温固相とプラズマ ”との特殊界面を用いた研究、電界・光・熱による電子放出等の機能を備えた“③アクティブ固相とプラズマ ”に関わる研究等を展開しています。 更に、“④外場とプラズマ”の相互作用の利用による、マテリアルとしての機能を備えたマテリアルプラズマの創成にも取り組んでいます。

メッセージ

宇宙の99%はプラズマで構成されています。その未開のマテリアルワールドを暖かいハートを持った知的野蛮人の若い力で切り拓いていきましょう。

90年代の初め、ナノテクノロジーを強力に牽引した走査型プローブ顕微鏡の発祥の地、スイスに留学して、微小空間プラズマ材料科学の創成の道に入りました(寺嶋)。多彩な可能性を持つプラズマ反応場に魅了され、自在に生成・制御しようとしているうちに今にいたりました(伊藤)。  本研究室では、極低温プラズマ、マイクロ・ナノプラズマ、超臨界流体プラズマ、多相空間プラズマなどの新しいプロセスプラズマの創成を成し遂げると共に、“複雑系プラズマ材料科学”という新しい概念を構築しています。ここでは、プラズマと凝縮相との非平衡な相互作用がより重要になり、従来の枠組みにはとらわれない学際的な取り組みが必要となります。 宇宙の物質の99%はプラズマといわれますが、地球に住む我々人類が利用しているプラズマの機能はほんのわずかなものです。我々が取り組む“複雑系プラズマ材料科学”の創成は、その壁を破るものだと思います。従来の枠組みに捕らわれない発想のためには、幅広い知識が必要となってきます。学ぶことにひとつの無駄もありません。

物質系専攻を志す学生へ

皆さんの多くは22世紀も元気で活躍される方々です。その基本となる“ものの考え方、感じ方”を我々と一緒に、柏キャンパスで身につけてください。“心を持ったルール”を作れる人を育てていきたいと思っています。

寺嶋・伊藤研究室のメンバー

寺嶋 和夫 教授

寺嶋 和夫 教授

1982年
東京大学工学部金属材料学科卒

1985年
東京大学大学院工学系研究科博士課程中退

1987年
東京大学工学部助手

1988年
工学博士

1990年
東京大学工学部講師

1992年
東京大学工学部助教授

1993-1995年
バーゼル大学(スイス) Guest Prof.

1999年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻助教授

2009年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授

伊藤 剛仁 准教授

伊藤 剛仁 准教授

1999年
東京大学工学部金属工学科卒

2004年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻博士課程修了 博士(科学)

2004年
スタンフォード大学(米国)機械工学科博士研究員

2006年
大阪大学大学院工学研究科特任講師

2011年
大阪大学大学院工学研究科准教授

2016年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻准教授

学生の声

寺嶋先生は、幅広い知識を背景として、一段も二段も上から学問領域を眺めているように思われます。研究者として一流であるのみならず、教育者として「教育」を重視される先生です。

この研究は、世界で自分にしかできないことが持てるという大きな魅力があります。自然に埋まる多くの未知の情報を、自分のやり方で人類の知識として蓄え、社会の役に立てるのは、純粋に夢があることです。

そして、この研究は様々な人々の協力があって初めてできることばかりで、実は”人間味”の要求される活動であることも魅力に感じています。

宗岡 均 さん

物質系専攻を志す学生へ

様々なバックグラウンドを持つ先生、学生たちが集う専攻であり、とても刺激的な方が多いです。また、身近にある様々な物質の構造や性質を調べ、新しい物質を創りだすという、未知の領域が広がるとても面白い分野です。

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 寺嶋和夫教授・伊藤剛仁准教授研究室

04-7136-3797,3799(寺嶋)

04-7136-3782(伊藤)