森研究室

凝縮系物性

研究内容紹介

有機(超)伝導体、磁性体、および誘電体は分子が単位であり、その分子からデザインして新しく作り出すことができる。この個性をもつ分子が凝集して有機結晶になった時、その凝集効果も相まって、電荷、スピン、軌道および格子が織り成すエキゾチックな物性が現れる。 当研究室では、分子の自由度に注目し、有機ならではの固体物性の創成を見据えた物質開拓を目指している。具体的には、有機合成、結晶成長、X線構造解析、固体のバンド計算、常圧下および加圧下における伝導性、磁性、誘電性の測定を実験手法として、有機伝導体、磁性体、および誘電体の物質創成からその構造・物性評価までを行っている。そして、このような基礎研究は、新しい有機エレクトロニクス材料のシーズとなっている。

メッセージ

自然に問いかけ、幾度か人智を超えた応えを聴くと、その魅力にとりつかれます。沢山の失敗を重ねて、新しい発見をして欲しいと思います。

高校時代は化学の実験が好きでした。遷移金属のキレイな色が好きで、ルビーの赤色とか、サファイアの青色とか、どうしてこういう色が出るのか不思議に思っていました。大学では化学を専攻し、以降、有機物質の研究を続けていくなかで、偶然、世界で一番高い超伝導転移をもつ有機超伝導体と出会いました。それはまるで、自分の思いを超えたところにある、自然からの応えを聞いたような出会いでした。そして、もう少し研究がしたいと思い続け、今となっています。 私たちは、有機物質からできた新しい機能性材料の開発をしています。有機だからこそ持つ機能性を追求しており、有機材料の可能性を広げることを目指しています。有機物質は元来絶縁性の材料なのですが、最近、純有機の単一成分金属を作ることに成功しました。

物質系専攻を志す学生へ

我々の研究室は、化学、物理、工学と様々なバックグランドをもつメンバーが集まって、境界領域に新しいことがあると考えて、研究を進めています。「自らで作って、測り、新物質あるいは新現象を見つける」ことに興味のある方は、 “世界でオンリーワン”の機能性物質を一緒に見つける旅をしませんか!

森研究室のメンバー

森 初果 教授

森 初果 教授

1984年
お茶の水女子大学理学部化学科卒

1986年
お茶の水女子大学理学系修士課程修了

1986年
東京大学物性研究所文部技官

1989年
(財)超電導工学研究所研究員

1992年
東京大学理学博士

1992年
(財)超電導工学研究所主任研究員

2001年
(財)超電導工学研究所主幹研究員

2001年
東京大学物性研究所助教授

2007年
東京大学物性研究所准教授

2010年
東京大学物性研究所教授現職

学生の声

森先生は、お忙しい先生ですが、研究で疑問点などがあるときは、メールでもすぐに相談にのってくれます。また、研究そのもののほかにも、非常によく面倒をみてくださいます。

日中はそれぞれ真面目に研究していますが、昼食時などは、助教の先生や研究員の方とも、楽しく言葉を交わします。

私たちが行っているのは、新規物質の探索ということで主に基礎研究ではありますが、逆にこれまでにない性質をもつ物質の発見が、常識を覆すような製品の開発などにつながるという点で非常に面白いと感じています。

橋本 千歩 さん

物質系専攻を志す学生へ

「物質の探索」には地道な作業が伴いますが、その分、目的の物質や、予想していなかったけれど面白い物質を発見したときの達成感はひとしおです。具体的に何をしているのかなど、少しでも興味をもった方はぜひ見学にいらしてください。未来に繋がる最適な専攻であると思います。

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 森初果教授研究室

04-7136-3444