松浦研究室

非平衡プロセス学

研究内容紹介

1000℃を超えるような高温で物質を大量に取り扱うプロセスはあまり身近に存在しませんが、工業的には重要で様々な場面で活用されています。我々は高温プロセスを反応場として利用する金属生産プロセス・リサイクルプロセスをより高効率かつ低環境負荷型とするため、従来に無い視点で高温プロセスを解明し、その潜在能力を最大限に活用して、高度にマテリアルを創り込むプロセスの開発を進めています。鉄鋼製精錬プロセス、非鉄金属製精錬プロセスを中心として、従来の学問体系の中での最大限の理解と、これまで蓄積された膨大な知見を礎とした新たなプロセスのコンセプト提唱とその実現化が本研究室のテーマです。

メッセージ

高温プロセスを通して、物質が循環する流れを作っていくこと。与えられたコンディションの中で、もがいて、探しだすことで道は開けてくると思う。

私は、本郷のマテリアル工学科の出身です。学生の時に五月祭で「たたら操業」という砂鉄と木炭で鉄を作る昔ながらの方法を再現し、その時に初めてものづくりを体験しました。操業がうまくいかず悩むことも多くありましたが、そのぶん目的が達成されたときの喜びは何にも代え難いものでした。操業の際の熱を浴びながら大変と感じる一方、そこで何が起きているか興味が湧きましたね。 私たちが研究している高温のプロセスは、物質が循環する流れを作ることで、次世代に対して負の遺産を残さないことが重要と考えています。最近注目されているのが「都市鉱山」で、これは世の中でかつて不要とされたものを有効利用するという新しい発想です。物質を循環させ資源を確保する。効率的なプロセスが見つかれば、多くの問題が解決できると思います。

物質系専攻を志す学生へ

仕事も遊びも一生懸命、とことんやること。研究テーマに向き合う時、与えられている条件の中で最大限のパフォーマンスを生み出す努力をすることが大事と思っています。生きていく上でも同じで、常にポジティブに考え、厳しいコンディションの中でも、もがき続けることで必ず道が開けると思います。

松浦研究室のメンバー

松浦 宏行 准教授

松浦 宏行 准教授

2001年
東京大学工学部マテリアル工学科卒業

2006年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻博士課程修了 博士(科学)

2006年
米国Carnegie Mellon University Research Associate

2007年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻助教

2010年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻講師

2012年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻准教授

学生の声

松浦先生は若くエネルギーにあふれる先生です。学生との年齢も近いので、いつも学生の目線に立ってお話をして下さいます。

豊富な知識と鋭い視点を持つだけでなく、面倒見がよく学生一人一人のために時間を使って議論をして下さいます。

新しい研究室ではありますが、研究テーマはどれも実際のプロセスにも応用できるような興味深いものばかりで、学生たちは日々楽しみながらも真剣に研究活動に取り組んでいます。

北尾 大樹 さん

物質系専攻を志す学生へ

物質系専攻ではどの研究室でも社会に大きな影響を与えるような研究を行っています。研究において成果を出すことはとても大変ですが、実験が成功したときの喜びは何物にも代えがたいものがあります。皆さんも是非、この柏キャンパスという恵まれた環境で研究活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 松浦宏行准教授研究室

04-7136-3781