ミック・リップマー研究室

ナノスケール物性

研究内容紹介

遷移金属酸化物薄膜の成長と物性についての研究を行っている。高品質な酸化物薄膜とそのヘテロ構造を作製するためにパルスレーザー堆積法を用いている。バルク単結晶ではみられない、薄膜に固有な構造および現象を探求することを目的として、酸化物の表面構造とヘテロ界面の形成・解析を行っている。

メッセージ

自分の引き出しを増やすこと。自分の研究だけでなく、いろいろな研究を見る、友人と話をする、様々な分野の知識を身につけておくことが大切です。

これまで携わってきた分光学関連の研究では分光技術を開発することが主な目的でしたが、測定する試料が良くなければいい実験結果は得られません。現在では分光実験に役立つ良質な薄膜サンプルを作ることがだんだん面白くなり、薄膜という形で新しい酸化物を作製することに取り組んでいます。 リップマー研究室では新しいタイプのトランジスタ、メモリ、センサー、エネルギー変換デバイスといったさまざまな電子部品に使う新しい酸化物の開発をしています。現在は光触媒酸化物が面白いですね。太陽光を集めて、水素のような無公害燃料を太陽エネルギーで生成しようという取り組みです。

物質系専攻を志す学生へ

いろいろな研究を見る、友人と話をする、友人の研究室に行ってみる、他の研究室で何をしているかをじっくり理解する、こういったことをしてください。10年後にあなたが取り組んでいる仕事は、個人的な好みや希望だけでなく運も影響してきます。材料・物理・化学に関連した様々な分野の知識を身につけておくと自分の引き出しが増えて、将来の仕事を決める際に非常に役に立ちます。

ミック・リップマー研究室のメンバー

ミック・リップマー 教授

ミック・リップマー 教授

1989年
エストニアタルト国立大学修士課程修了

1994年
フィンランドヘルシンキ工科大学情報工学部物理学科博士課程修了

1994年
フィンランドアカデミー自然科学主任研究員

1995年
ヘルシンキ工科大学教官

1997年
東京工業大学応用セラミックス研究所研究員

1999年
無機材料研究所コンビナトリアルプロジェクト特別研究員

2001年
東京大学物性研究所助教授

2007年
東京大学物性研究所准教授

2018年
東京大学物性研究所教授

学生の声

リップマー先生は、学生に手助けが必要な時はいつでも力添えをしてくれる先生です。学生が研究でぶつかった問題を自分で解決するよう助言をくれ、自分の持っている知識を惜しみなく伝えてくれます。

学生は自分で目標を設定でき、それが達成できるような環境づくりがあります。私たちの研究室では主にパルスレーザー蒸着された薄膜酸化物の研究をしています。

研究室には最高の条件で研究が進められるような装置がたくさんあります。

トマ・ペルティエ さん

物質系専攻を志す学生へ

物質系では面白い研究を目の当たりにすることができ、物質科学をより深く理解することができます。その上、自分の技術を上達させたり新しい技術を開発したりすることも可能です。将来アカデミックな世界に進むにせよ企業に就職するにせよ、物質系で基礎をきちんと作ることができるでしょう。

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 ミック・リップマー教授研究室

04-7136-3315