有馬・徳永研究室

強相関物性学

研究内容紹介

本研究室では、新奇な機能を示す固体材料の設計・開発とその物性の実験的研究を行っています。■磁場によって電気分極が変化する物質■磁場によって物質の形状が変化する物質■電場によって磁性が変化する物質■電場によって偏光特性が変化する物質■表と裏で光の吸収・屈折率が異なる物質などです。実は、これらはすべて、強相関固体の持つ時間反転対称性と空間に関する対称性の複合的な破れに関連しています。 研究手法としては、実験室で通常行う実験のほかに、世界一の性能を誇るSPring-8やJ-PARCにおいて量子ビーム(放射光・中性子)を使った実験を活発に行っています。

メッセージ

人類の未来に貢献できる研究を。さまざまな夢が広がる新しい物質機能を実現しましょう。

中学生の頃、天気に関することが大好きで、毎日欠かさず、NHKラジオ第2で気象通報という番組を聞いていました。数年間、日本および東アジア各地の気圧と天気と気温を聞きとって、天気図を描き続けました。高校生の頃は、将来、気象庁に入ろうと思っていましたし、気象台に見学にも行きました。 大学に入ってからは物理工学の道に進みました。気象学が物理学の一分野であるということもあって、自然と物理学にも興味がわいたのです。物理工学の中で物性科学という今の研究分野に進んだ理由は、物質の設計、試料の作成、測定系の構築、物質機能の測定、測定データの解析といった一連の研究のすべてを自分で行うことができる楽しさを感じたからです。今行っている研究が進展すれば、エネルギー消費の少ない電子素子や、これまでにない光素子が、実現できる可能性があります。

物質系専攻を志す学生へ

物質科学の大きな目標は、さまざまな夢の広がる新しい物質機能の開発にあります。物質系専攻で行われている最先端の物質科学研究を実体験することは、将来、必ず役に立つはずです。

有馬・徳永研究室のメンバー

有馬 孝尚 教授

有馬 孝尚 教授

1986年
東京大学工学部物理工学科卒業

1988年
東京大学大学院工学系研究科物理工学修士課程修了

1988年
東レ株式会社

1990年
東京大学大学院理学系研究科物理学博士課程(中途退学)

1991年
東京大学理学部助手

1995年
東京大学大学院工学系研究科助手

1995年
筑波大学物質工学系助教授

2004年
東北大学多元物質科学研究所教授を経て2011年4月より現職

徳永 祐介 准教授

徳永 祐介 准教授

2000年
東京大学工学部物理工学科 卒業

2005年
東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程修了 博士(工学)

2005年
科学技術振興機構 ERATO十倉スピン超構造プロジェクト 研究員

2007年
科学技術振興機構 ERATO十倉マルチフェロイックスプロジェクト 研究員

2011年
理化学研究所 基幹研究所 基幹研究所研究員

2013年
理化学研究所 創発物性科学研究センター 上級研究員を経て2014年12月より現職

学生の声

有馬孝尚先生は、いつも元気で明るい先生で、楽しんで物理に取り組んでいる姿を尊敬しています。研究室の雰囲気は、いつも和気あいあいとして、体育という名のもとに毎週テニスが行われています(笑)

そして、私たちが取り組んでいる研究は、例えば超伝導であれば、MRIやリニアモーターカーといったものに応用されています。これを室温で引き起こすことが出来ればロスなしの送電が可能になりエネルギー事情を一変させると言われています。また磁気浮上のように通常考えたらあり得ないような現象を見つけることが出来るのも物質科学の魅力だと思います。

豊田 新悟 さん

物質系専攻を志す学生へ

物質科学は物理学的に面白いだけでなく、社会に大きなインパクトを与えるポテンシャルを持っています。また数ある物質群のなかから価値ある機能を探し出す宝探しのような面白さもあります。

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 有馬孝尚教授・徳永祐介准教授研究室

04-7136-3805(有馬)

04-7136-3770(徳永)