柏キャンパス サイエンスキャンプ

プログラム番号 5 - 2
PDFクリックしてPDFをご覧いただけます
教員名
青木不学 教授(新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻)
タイトル
体外受精を学ぼう
課題内容
体外受精は1950年代にウサギ、マウスなどの実験動物で成功し、その後1978年に初めてヒトでの臨床応用が行われた。この技術は現在、生殖医療に大きく貢献しており、さらにこれを基礎としてトランスジェニック動物やクローン動物作成などの発生工学技術が大きく発展してきた。この体外受精の基礎的な技術を実体験する。
キーワード
体外受精, 初期発生, 卵, 精子, 初期胚
研究室URL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/seigyo/index.html
▲ページ先頭へ