柏キャンパス サイエンスキャンプ

プログラム番号 2 - 1
PDFクリックしてPDFをご覧いただけます
教員名
大内正己 准教授(宇宙線研究所)
タイトル
すばる望遠鏡データと深層学習を用いた深宇宙の探索
課題内容
現在の宇宙を満たす星や銀河が、どのように形成されたのかについては、理解されていない物理プロセスが多く、宇宙進化さらには天文学研究の最重要課題の一つとして残されている。本プログラムでは、最新のすばる望遠鏡による可視光撮像探査データを解析し、この中から強い星雲線をたよりに、形成後まもない天体を発見することを目指す。膨大なデータ扱うため、深層学習といった情報工学の力も利用して取り組む予定である。探し出された天体が形成後間もない天体かどうかについては、星雲線の強度と電離モデルによる推定を行って評価する。
キーワード
宇宙物理学, 天文学, 宇宙進化, 銀河形成, 第一世代星
研究室URL

http://cos.icrr.u-tokyo.ac.jp/

参考図書(URL)
「シリーズ現代の天文学2-宇宙論I」佐藤勝彦他(日本評論社)
「シリーズ現代の天文学3-宇宙論II」二間瀬敏史他(日本評論社)
「シリーズ現代の天文学4-銀河I」谷口義明他(日本評論社)
「シリーズ現代の天文学15-宇宙の観測I」家正則他(日本評論社)
「ガス星雲と活動銀河核の天体物理学」D.E.オスターブロック著/田村眞一訳(東北大学出版会)
「銀河進化論」塩谷泰広他(プレアデス出版)
「星間物理学」小暮智一(ごとう書房)
深層学習関連 (https://www.tensorflow.org/get_started/mnist/pros)
▲ページ先頭へ