学業支援 > 講座が担当する講義 > 次世代医薬解析学特論 2012年度 > 講義風景・後半

次世代医薬解析学特論の2012年度講義の後半が終了しました。
このページには、その後半の講義風景が掲載されています。前半の講義風景はこちら

次世代医薬解析学特論 2012年度 (講義風景・後半)
開講日時: (前半)2012年10月30~31日、(後半)2013年1月10~11日   全体の講義プログラムはこちら
開講場所: 東京大学白金台キャンパス 2号館 2階 大講義室
日 付 時 間 講義タイトル・講演者
2013.01.10
(木)
10:00–11:30 吉岡 康弘 再生医療の現状と将来 -再生医療の産業化に向けて-
  吉岡 康弘  (富士フイルム株式会社 R&D統括本部・フェロー)
   (再生医療イノベーションフォーラム・運営委員長)
13:00–14:30 津本 浩平 タンパク質相互作用解析と創薬
  津本 浩平 (東京大学医科学研究所・教授)
14:45–16:15 田中 眞 個別化医療とコンパニオン診断薬
  田中 眞 (第一三共株式会社 トランスレーショナルメディシン部・主査)
16:30–18:00 望月 眞弓 医薬品の安全性情報 -医薬品リスク管理計画(RMP)-
  望月 眞弓 (慶應大学薬学部医薬品情報学講座・教授)
       
2013.01.11
(金)
10:00–11:30 国忠 聡 医薬品のグローバル開発 -PoCからP3試験まで-
  国忠 聡 (第一三共株式会社 研究開発本部・執行役員)
13:00–14:30 戸田 雄三 富士フイルムにおける医薬品事業
  戸田 雄三 (富士フイルム株式会社・取締役 常務執行役員)
14:45–16:15 堅尾 和夫 ベンチャー育成の現状と創薬
  堅尾 和夫 (日本大学国際関係学部・教授)
16:30–18:00 沖 俊一 医薬品開発におけるマネジメント
  沖 俊一 (横浜市立大学医学部・客員教授)
       
このページの先頭へ