環境学研究系共通科目 平成29年度 講義要目

環境マネジメントプログラム環境デザイン統合教育プログラム|日伯海洋開発教育プログラム

日伯海洋開発教育プログラム講義科目

履修科目登録及び単位取得に関する注意事項

日伯海洋開発教育プログラム講義科目
Brazil-Japan Collaborative Courses on Naval Architecture and Offshore Engineering

  1. 九州大学、横浜国立大学、日本大学、サンパウロ大学、リオデジャネイロ連邦大学、カンピナス大学、ペルナンブコ連邦大学、セントカタリーナ連邦大学との遠隔講義システムを利用した共通講義で、隔年に英語で実施される。
    Distance Intensive Lectures of Brazil-Japan Collaborative Courses on Naval Architecture and Offshore Engineering are offered in English every other year by Kyushu University, Yokohama National University, Nihon University, University of Sao Paulo, Federal University of Rio de Janeiro, University of Campinas, Federal University of Pernambuco, Federal University of St. Catarina, and The University of Tokyo.
  2. 海洋技術環境学専攻、環境システム学専攻、人間環境学専攻及び社会文化環境学専攻の修士課程及び博士後期課程の学生が日伯海洋開発教育プログラム講義科目を履修する場合、所属する専攻の修了単位とすることができる。
    Master and doctoral course students in the Department of Ocean Technology, Policy and Environment, Department of Environment Systems, Department of Human and Engineered Studies, and Department of Socio-Cultural Environment Studies may take the courses of Brazil-Japan Collaborative Courses on Naval Architecture and Offshore Engineering as part of the required credits to satisfy graduation requirement of your program.
  3. サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラムの修士課程及び博士後期課程の学生が日伯海洋開発教育プログラム講義科目を履修する場合、4単位を限度として、所属する教育プログラムの修了単位とすることができる。
    Master and doctoral course students in Graduate Program in Sustainability Science - Global Leadership Initiative may take up to four credits of the courses of Brazil-Japan Collaborative Courses on Naval Architecture and Offshore Engineering as part of the required credits to satisfy graduation requirement of the program.
  4. 備考欄に「E」とある科目は、英語で開講予定の授業科目であることを示す。
    Subjects with "E" in the remarks column will be taught in English.