ニュース

タグ:先端エネルギー工学専攻

タイトル
投稿日
2017/11/28
プラズマ推進機作動「特任研究員(特定短時間)」募集について 【応募期間 : ~2017年12月15日】 2017:11:22:15:46:54
先端エネルギー工学専攻小泉研究室においてプラズマ推進機作動を担当する「特任研究員(特定短時間)」を募集します.
 
2017/11/22
小型推進機開発「特任研究員(特定短時間)」募集について 【応募期間 : ~2017年12月15日】 2017:11:22:15:32:37
先端エネルギー工学専攻小泉研究室において,小型推進機および衛星システムの開発を行う「特任研究員(特定短時間)」の募集です.
 
2017/11/22
宇宙推進工学「特任研究員」募集について 【応募期間 : ~2017年12月15日】 2017:11:22:14:42:14
先端エネルギー工学専攻小泉研究室において,宇宙推進工学,特に小型推進機の研究および開発を行う「特任研究員」を募集します.
 
2017/11/22
先端エネルギー工学専攻・関根北斗君,西井啓太君,第61回宇宙科学技術連合講演会において日本航空宇宙学会 学生優秀賞を受賞 2017:11:15:17:30:16
2017年10月25日から27日にかけて新潟市において開催された日本航空宇宙学会第61回宇宙科学技術連合講演会において,先端エネルギー工学専攻修士課程二年の関根北斗君,および同所属の西井啓太君が,日本航空宇宙学会学生優秀賞を受賞いたしました.同賞は、同講演会における学生セッション...
 
2017/11/15
先端エネルギー工学専攻・小泉宏之准教授らIEPC2015 Best Paper Awardを受賞 2017:11:15:17:16:27
2017年10月9日(日)から12日(木)に米国アトランタにて開催されたInernationalElectricPropulsionConference(国際電気推進会議;IEPC2017)において、2年前の前回大会における小泉宏之准教授らの発表論文がIEPC2015BestPa...
 
2017/11/15
非線形科学セミナー開催7/20(木)基盤棟2F大講義室 14:00-15:30 講演:長谷川晃先生(阪大名誉教授) 2017:07:05:15:22:12
講演:長谷川晃先生(阪大名誉教授) 「準2次元プラズマ乱流―乱流の自己組織化, 渦の非対称性, カスケード領域の分離とゾーナルフローの生成―」 詳細はhttp://www.ppl.k.u-tokyo.ac.jp/seminar_h29/index.html
 
2017/07/05
世界初 道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功 ~新しい走行中給電のかたち~ 2017:04:05:12:01:25
道路からインホイールモータ(IWM)に直接、走行中給電できる「第2世代ワイヤレスインホイールモータ」を開発し、世界で初めて実車での走行に成功しました。 本技術は、電気自動車の大きな課題のひとつである“充電一回あたりの航続距離の限界”を解決するとともに、IWMに適した新しい走行中給電のかたちを実現するものです。
 
2017/04/05
平成28年度新領域創成科学研究科長賞授与について 2017:03:30:11:21:46
平成28年度新領域創成科学研究科長賞について、以下のとおり学業部門 修士課程12名 博士課程12名の受賞が決定しました。 この制度は、平成18年度に新領域創成科学研究科の学生を対象として、学業、国際交流、地域貢献の各分野において顕著な功績等のあった個人又は団体を讃えることを目的として創設され、今年で11回目となります。 平成28年度授与式が3月15日(水)に行われ、味埜研究科長より受賞者へ記念楯が授与されました。
 
2017/03/30
先端エネルギー工学専攻 吉田・西浦研究室 高橋典生さん(M2)が日本物理学会 第72回年次大会 領域2学生優秀発表賞を受賞 2017:03:27:12:24:23
先端エネルギー工学専攻 吉田・西浦研究室 高橋典生さん(M2)が,日本物理学会 第72回年次大会において「磁気圏型プラズマ実験装置RT-1におけるコヒーレンス・イメージング(Coherence Imaging)法によるホリスティックなイオン温度・流速解析」を発表し,領域2学生優秀発表賞を受賞しました. 実験室磁気圏を模擬したプラズマのイオン温度の全容を計測する手法を開発し,その時間発展を追跡することに成功しました.磁気圏プラズマ形成メカニズムを解明する上で重要な先進計測手法の開発となります.
 
2017/03/27
「先進ヒューマンモビリティ安全設計学」寄付講座の開設記念シンポジウムを2016年10月17日(月)13時から柏の葉カンファレンスセンターで開催。 2016:10:11:10:13:22
2016年10月17日(月)13時から「先進ヒューマンモビリティ安全設計学」寄付講座開設記念シンポジウムを,柏の葉カンファレンスセンターで開催します
 
2016/10/11
第7回深宇宙探査学シンポジウム ー火星着陸のために、いまできることー 9月23日(金) 10:00~16:50開催 2016:09:06:15:48:11
主催 東京大学大学院新領域創成科学研究科 共済 神戸大学・惑星科学研究センター 日時 2016年9月23日(金)10:00~16:50 会場 東京大学柏キャンパス 柏図書館メディアホール
 
2016/09/06
先端エネルギー工学専攻 平成29年度修士課程入学試験第2次口述試験について 2016:08:30:8:58:36
先端エネルギー工学専攻 平成29年度修士課程入学試験 第2次口述試験に関して,台風10号の影響により8/30 10:50までに会場へ来ることができないと予想される受験生は、8/30 10:00-10:50の間に04-7136-3829、あるいは04-7136-3888まで連絡を行い、指示を得てください.
 
2016/08/30
先端エネルギー工学専攻修士課程2年の安達友洋君がIEEE POWERTECH EINDHOVEN 2015において学生優秀論文賞を受賞 2015:12:25:12:54:20
先端エネルギー工学専攻修士課程2年の安達友洋君(指導教官:横山明彦教授)が2015年6月29日から7月2日にオランダのアイントホーフェンで開催されたIEEEPOWERTECHEINDHOVEN2015における発表に対して,IEEEPESJapanChapter学生優秀論文賞を受賞...
 
2015/12/25
2015/09/07
先端エネルギー工学専攻武田研究室の水口周特任准教授と博士課程2年の高垣和規さんが先端材料技術協会論文賞を受賞 2015:08:26:19:32:05
先端エネルギー工学専攻武田研究室の水口周特任准教授と博士課程2年の高垣和規さんが先端材料技術協会(SAMPE)論文賞を受賞しました。埋込光ファイバセンサを用いた次世代航空宇宙構造の実現に向けた取り組みが先端材料の科学技術に大きく貢献したことが評価されました。 受賞論文S.Mina...
 
2015/08/26
世界初 ワイヤレスで電力伝送する『ワイヤレスインホイールモータ』搭載車の走行に成功 2015:05:20:1:00:02
東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本准教授らの研究グループは、東洋電機製造株式会社、日本精工株式会社との共同研究において、世界で初めて、ワイヤレス電力伝送を用いたインホイールモータを開発し、実際にそのインホイールモータを電気自動車に搭載し、走行に成功しました。 世界初となるこの技術は、磁界共振結合方式(注3)を用いて10cm離れたコイルとコイル間の電力伝送に成功した他、ワイヤレス通信を用いることで車体と車輪間の完全なワイヤレス化を実現しました。
 
2015/05/20
第6回深宇宙探査学シンポジウム3/10(火)柏図書館メディアホールで開催 2015:03:05:17:44:04
第6回深宇宙探査学シンポジウムを3/10(火)柏図書館メディアホールにて開催します。昨年打上げに成功した小惑星探査機「はやぶさ2」の全貌を理学と工学の両面から明らかにします。
 
2015/03/05
先端エネ博士3年の今中政輝さん(馬場研究室)他の論文がICEE 2014でBest Paper Award を受賞 2014:07:30:15:44:45
先端エネルギー工学専攻博士課程3年の今中政輝さん(指導教官:馬場旬平准教授)他の学会発表論文が、2014年6月15日から19日に韓国の済州で開催されたTheInternationalConferenceonElectricalEngineering2014においてBestPape...
 
2014/07/30
先端エネルギー工学専攻M2の三ッ木康晃君(横山研究室)がICEE 2014でBest Paper Award を受賞 2014:07:23:13:39:18
先端エネルギー工学専攻修士課程2年の三ッ木康晃君(指導教官:横山明彦教授)が2014年6月15日から19日に韓国の済州で開催されたTheInternationalConferenceonElectricalEngineering2014においてBestPaperofICEE201...
 
2014/07/23
2人乗り超小型電気自動車の公道走行認定を受けました 2014:05:23:14:31:26
(1)「東京大学・柏市超小型モビリティ協議会」(会長・鎌田実)は、このたび、高齢者の円滑な外出手段となりうる2人乗りの超小型電気自動車の公道走行認定を国土交通省から受けました。 (2)本件は、すでに「原付ミニカー」として公道を走行していた車両を、大学が改造し、本認定を受けた例として、日本初のものです。 (3)今回の認定は、超高齢社会において必須である高齢者の円滑な移動手段の開発に役立ちます。今後、毎日の利用に便利に使えるか、安全性に問題がないかなどを引き続き調査検討する予定です。
 
2014/05/23
先端エネルギー工学専攻 堀・藤本研究室のコー キムエン氏(工学系研究科電気系工学専攻)らが電気科学技術奨励学生賞を受賞 2013:04:08:21:24:06
先端エネルギー工学専攻 堀・藤本研究室の博士学生コーキムエン氏(工学系研究科電気系工学専攻)らが,The15thInternationalConferenceonElectricalMachinesandSystems (ICEMS2012,電気機械とシステムに関する国際会議,電...
 
2013/04/08
2013/04/02
平成26年度東京大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤科学研究系 全体入試説明会4月13日(土)開催 2013:03:18:15:34:41
平成26年度東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤科学研究系において 初めての全体入試説明会(物質系専攻、先端エネルギー工学専攻、複雑理工学専攻)を 4月13日(土曜日)13時より、柏キャンパス環境棟FSホールにて開催します。 説明会の後は、3専攻すべての研究室の見学が可能です(同時に若手研究者や院生との懇親会も開催します)。 基盤科学研究系にご興味ある受験生はどうぞおいで下さい。
 
2013/03/18
2013/03/08
先端エネルギー工学専攻 居村岳広助教 第1回エヌエフ基金 研究開発奨励賞優秀賞を受賞 2013:02:18:20:41:44
新領域創成科学研究科先端エネルギー専攻(堀・藤本研究室)の居村岳広助教が、「磁界共鳴による走行中電気自動車へのワイヤレス給電に関する研究」により、第1回エヌエフ基金、研究開発奨励賞優秀賞を受賞しました。同賞は、一般財団法人エヌエフ基金より革新性と独創性の高い研究開発および科学や技術の進歩に役立つ発展性の高い研究開発に対して若手研究者に与えられる奨励賞です。 研究発表会、受賞式は2013年1月18日(金)、如水会館にて行なわれました。 http://www.nf-foundation.or.jp/award/presentation.html http://www.nf-foundation.or.jp/award/winner.html
 
2013/02/18
太陽表面での活動現象を世界で初めて地上で再現 2012:09:10:9:07:38
宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所・東京大学大学院新領域創成科学研究科の西塚直人(にしづか・なおと)研究員を中心とする研究チームは、地上の実験室にあるプラズマ実験装置を用いて、太陽観測衛星「ひので」が明らかにした太陽の彩層で頻発する活動現象と類似の現象を再現させることに世界で初めて成功しました。
 
2012/09/10
デモ走行を見ながら学ぶEV制御技術 9/28(金)開催 2012:08:17:11:04:22
研究科後援の,EV技術セミナ「デモ走行を見ながら学ぶEV制御技術」が9月28日に柏キャンパスで開催されます。
 
2012/08/17
展開式膜構造を持つ新しい大気圏突入システムの飛行実験に成功 2012:08:15:10:17:30
 新領域創成科学研究科は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と「展開型柔構造による回収システム」に関する共同研究(研究代表:鈴木宏二郎 先端エネルギー工学専攻・教授)を行っています。 これは、耐熱布で作られた傘型の空気ブレーキを展開して、大気圏に突入する飛行体を効率良く減速させるも...
 
2012/08/15
先端エネルギー工学専攻 堀・藤本研究室の学生が、自動車技術会大学院研究奨励賞を受賞 2012:03:21:22:20:38
新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻、堀・藤本研究室の大学院生以下3名が2012年3月1日、自動車技術会の大学院研究奨励賞を受賞しました。この賞は自動車に関連する優れた研究を行った大学院修了予定者を表彰するものです。受賞者と受賞研究タイトルは以下の通りです。BehTeckC...
 
2012/03/21
磁場と渦の宇宙論的起源にせまる 2010:08:31:10:30:05
宇宙は渦=磁場でみちている(物理の理論では渦と磁場は統一して記述される).その起源,すなわち最初の磁場=渦がどうして生まれたかが謎であった.宇宙の渦=磁場を「時空の歪み」として説明する研究が注目を集めている...
 
2010/08/31
宇宙の磁場はどこから生まれる?-ボーダレス共同研究とボーダレス人材育成- 2010:06:30:9:30:43
宇宙の磁場はどこから生まれるのか?それを解くキーは、プラズマの磁力線のつなぎかわり(磁気リコネクション)(※1)とそれが集まった自己組織化(※2)である。この分野の国際COE活動「CenterforMagneticSelf-OrganizationinLaboratoryandA...
 
2010/06/30
マイクロ波ロケットの高推力化に成功 2010:01:15:11:16:01
地上から遠隔的に供給されるマイクロ波ビームをエネルギー源としたロケットの打ち上げ試験を行い、繰り返しパルスビームを利用することによって126グラムの金属製モデルロケットを打ち上げることに成功した...
 
2010/01/15