ニュース

タグ:情報生命科学専攻

タイトル
投稿日
第8回AYRCOBのお知らせ 2014:05:14:15:42:14
新領域の皆様へこのたび第8回AYRCOBが開催の運びとなり、口頭発表、ポスター発表、ハイライトにおきまして下記の通り募集しております。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 情報生命科学専攻事務 中仙道 ====================================...
 
2014/05/14
第3回 中国BGI・東京大学連携グローバルCOEワークショップ 2014:01:29:14:24:41
第3回 「中国BGI・東京大学連携 グローバルCOEワークショップ― ゲノム医科学の進展」のご案内
 
2014/01/29
[2013.11.08 開催] 第44回「GCOE談話会」のお知らせ 2013:10:31:11:38:05
第44回GCOE談話会を下記の通りご案内いたします。 演者1 笹川 洋平 先生(理化学研究所情報基盤センター上級センター研究員)細胞集団の不均一性を判別する1細胞Quartz-Seq法の紹介 演者2 斉藤 太郎 先生(新領域 情報生命科学専攻助教)Silkによる分散並列ワークフロ...
 
2013/10/31
クロマグロの全ゲノム解読に成功 2013:07:19:16:59:11
 情報生命科学専攻/オーミクス情報センターの服部正平らと独立行政法人水産総合研究センター、九州大学および国立遺伝学研究所の共同研究グループは、食用として重要なクロマグロの全ゲノム解読(約8億塩基対)に世界で初めて成功しました。全ゲノムの解析から、他の魚類にない特徴的な視覚の遺伝子...
 
2013/07/19
【締切延長】若手向け国際会議AYRCOBのお知らせ【演題募集】 2013:06:10:11:05:53
各位先日GCOE「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」では学生・若手研究者を対象とした国際会議「7thAYRCOB」開催をご案内しましたが、演題募集の締切日が延長となりましたのでご連絡いたします。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~中仙道 美雪新領域創成科学研究科...
 
2013/06/10
2013/04/02
2013/03/08
【GCOE】「6th AYRCOB」アブストラクト投稿締切日延長のお知らせ 2012:10:09:9:45:28
皆さま先日下記の通り国際会議「6thAYRCOB」をご案内いたしましたが、アブストラクト投稿の締切が【10月14日[日]】まで延長されました。若手研究者(学生やポスドク)の積極的な投稿をお待ちしております。グローバルCOE「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」事務局 中仙道 ...
 
2012/10/09
秘密計算による化合物データベースの検索技術 2011:11:02:16:33:00
独立行政法人産業技術総合研究所【理事長野間口有】生命情報工学研究センターRNA情報工学研究チーム清水佳奈研究員ら、国立大学法人筑波大学【学長山田信博】荒井ひろみ研究員ら、国立大学法人東京大学【総長濱田純一】浅井潔教授らは共同で、秘密計算による化合物データベースの検索技術を開発した...
 
2011/11/02
DNAの3次元構造が生物進化に影響する(超高速シークエンサーとバイオインフォマティクスによる科学的発見) 2008:12:12:10:28:15
JSTバイオインフォマティクス推進事業の一環として、東京大学大学院新領域創成科学研究科の森下真一教授は、スタンフォード大学のアンドリュー・ファイヤー教授らとの共同研究で、DNAの3次元構造(ヌクレオソーム構造)がDNAの変異に相関するという性質を、メダカのDNA全体の情報を分析す...
 
2008/12/12
スパコンで挑む脊椎動物ゲノム進化6億年の謎 - コンピューター上に太古の祖先ゲノムを再構築する - 2007:09:05:11:03:37
近年多くの脊椎動物・無脊椎動物ゲノムが解読され、これらのゲノムを比較することで脊椎動物の”祖先ゲノム”を推定することが可能になってきた。われわれは、国立遺伝学研究所の小原雄治教授および東京大学大学院理学系研究科の武田洋幸教授らとともに、約3.7億年前の真骨...
 
2007/09/05
メダカゲノムの解読:日本生まれの実験動物から脊椎動物進化の道筋が見えてきた 2007:06:07:11:13:43
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所と国立大学法人東京大学等は共同プロジェクトでニホンメダカ(Oryziaslatipes,以下メダカ)のゲノム解読に成功しました。この共同プロジェクトは文部科学省科学研究費特定領域研究「ゲノム」の支援をえて実施されました。この成果は、6月7日発...
 
2007/06/07