ニュース

タグ:人間環境学専攻

タイトル
投稿日
Bryan Moser特任准教授がMIT System Design & Management のアカデミックディレクターおよび上級講師に就任 2017:09:06:14:22:27
新領域創成科学研究科のBryan Moser特任准教授が、MIT System Design & Management のアカデミックディレクターおよび上級講師に就任しました。Bryan Moser特任准教授は両大学が連携して進めている社会人教育プログラムを担当しており、本件によりこのプログラムのさらなる発展が期待されます。
 
2017/09/06
平成28年度新領域創成科学研究科長賞授与について 2017:03:30:11:21:46
平成28年度新領域創成科学研究科長賞について、以下のとおり学業部門 修士課程12名 博士課程12名の受賞が決定しました。 この制度は、平成18年度に新領域創成科学研究科の学生を対象として、学業、国際交流、地域貢献の各分野において顕著な功績等のあった個人又は団体を讃えることを目的として創設され、今年で11回目となります。 平成28年度授与式が3月15日(水)に行われ、味埜研究科長より受賞者へ記念楯が授与されました。
 
2017/03/30
3月2日「シンポジウム MITと産業界と連携した東京大学におけるグローバル人材の育成 -日本海事クラスターの人づくり- 」のご案内 2017:01:20:9:38:45
 MITと産業界と連携した東京大学における新しい教育研究についてのシンポジウムを開催いたします。 新領域創成科学研究科は、MITおよび産業界と連携し、産学共同パートナーシップを2014年度から推進しています。この取り組みによるグローバル人材育成に関して、今年度実施している、日本海...
 
2017/01/20
2月4日「第5回GTLシンポジウム ビッグデータ社会に向けた産学の取り組み」のご案内 2017:01:20:9:32:03
 ボストンと東京のリーダー、イノベーターや学生と、カジュアルなワークショップ形式で、ビッグデータ社会に向けて、教育や研究に関する意見を交換しませんか? この学術イベントは、2/7・8に六本木アカデミーヒルズで行われる"BigDataAnalyticsTokyo"に先立って開催され...
 
2017/01/20
1月25日「スマートシティーに関するMIT連携ジョイントセミナー」のご案内 2017:01:20:9:25:32
 新領域創成科学研究科とMITの間の交流の一環として、人間環境学専攻が交流協定を締結したMITSDMコースの学生約15名が1/25に新領域および柏の葉を訪問します。 この機会に、柏の葉キャンパス駅周辺におけるスマートシティーの現状を視察し、教育・研究機関としての大学がUDCKへの...
 
2017/01/20
環境学研究系 合同入試説明会(2016) 5月8日本郷 5月21日柏 2016:04:08:18:08:49
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学研究系(自然環境学専攻,海洋技術環境学専攻,環境システム学専攻,人間環境学専攻,社会文化環境学専攻,国際協力学専攻,サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム)の合同入試説明会を下記のとおり開催します。両日程とも入場無料,事前登録不要です。お気軽にお越しください。 ※専攻・研究室別説明会に直接お越しの方は,開催日の直前に会場名を再度ご確認下さい。
 
2016/04/08
プロジェクトデザインシンポジウムのご案内 10月23日開催 2015:10:06:16:48:39
新領域とMITとの連携を推進しているGTL(GlobalTeamworkLab)ではシンポジウムシリーズを運営しています。次回はプロジェクトデザインをテーマに10/23午後に柏の葉カンファレンスセンターで開催します。プロジェクトデザインに関するワークショップの後にセミナーと基調講...
 
2015/10/06
企業向けのご案内 MIT連携講義へのプロジェクトテーマ募集について 2015:10:06:16:07:04
新領域創成科学研究科は、文部科学省の平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」において他部局と連携してMITとの戦略的パートナーシップ構築プロジェクトに取り組んでおります。具体的には、MITと民間企業と連携した新しい形の共同研究の仕組みを提案し、制度化を目指して活動しておりま...
 
2015/10/06
2015/09/07
スーパーコンピュータ内の心臓で薬の副作用を検出 -新薬開発の効率化・コスト削減に寄与- 2015:05:02:3:00:51
◆どのような成果を出したのか 薬の副作用による不整脈発生のリスクを、従来の方法より正確に予測できるコンピュータシミュレーションモデルを開発しました。 ◆新規性(何が新しいのか) 動物実験・臨床試験の一部が代替可能となる、世界初の心臓シミュレーションモデルです。 ◆社会的意義/将来の展望 新薬開発のコスト・時間を削減し、画期的な新薬を迅速に社会に届けることに貢献します。
 
2015/05/02
環境学研究系 合同入試説明会(2015) 5月10日本郷 5月23日柏 2015:04:14:15:00:08
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学研究系(自然環境学専攻,海洋技術環境学専攻,環境システム学専攻,人間環境学専攻,社会文化環境学専攻,国際協力学専攻,サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム)の合同入試説明会を下記のとおり開催します。両日程とも入場無料,事前登録不要です。お気軽にお越しください。 ※専攻・研究室別説明会に直接お越しの方は,開催日の直前に会場名を再度ご確認下さい。
 
2015/04/14
「生育環境」、「生育状況」、「農作業」の3軸モニタリング環境の構築および 当該情報の統合表示システムの開発 2015:02:20:16:33:34
IT融合による統合型次世代農業プロジェクトでは、「生育環境」、「生育状 況」、「農作業」の3つのモニタリング情報を統合的に可視化できる システム を開発しました。
 
2015/02/20
 
2015/01/21
人間環境学専攻 平成26年度研究室体験インターンシップ(第Ⅱ期)募集を開始 2015:01:08:9:58:19
人間環境学専攻「研究室体験インターンシップ」とは、当専攻への入進学 を検討している学生を対象に、最先端の研究活動に実際に体験する ことによ り,将来の進路を決める際の参考にしていただくためのものです。興味のある方 は是非ご参加ください。 実施期間は,”平成27年2月16日(月)~平成27年3月20日(金)”内の指定期間です.
 
2015/01/08
石川県輪島市・岩手県大槌町にてゴルフカートベースの車両の公道走行実証実験を開始 2014:11:25:17:00:14
(1)東大大学院新領域創成科学研究科鎌田教授らは、輪島商工会議所・ヤマハ発動機(株)と共同で、高齢者・障害者等のモビリティ確保にむけて、ゴルフカート2台を保安基準等に適合させることにより日本で初めて正式にナンバー取得を行い、公道での実証実験をはじめます。 (2)鎌田教授らは、東京大学大槌イノベーション協創事業の一環として、岩手県大槌町においても1台の車両を投入し、実証実験を行います。 (3)今回の実験は、超高齢社会において必須である高齢者等の円滑な移動手段の開発や長寿社会のまちづくりに役立ちます。今後、毎日の利用に便利に使えるか、道路交通環境下で安全に走行できるかなどを調査検討していきます。
 
2014/11/25
2人乗り超小型電気自動車の公道社会実験を柏市役所で行います 2014:10:31:13:00:56
(1)「東京大学・柏市超小型モビリティ協議会」(会長・鎌田実)は、このたび、2人乗りの超小型電気自動車1台の公道走行認定を国土交通省から受け、この車両を千葉県柏市役所で市職員の方の公務に使っていただく形の社会実験を行います。(2)本件は、本年5月に発表した2人乗り超小型電気自動車...
 
2014/10/31
2人乗り超小型電気自動車の公道走行認定を受けました 2014:05:23:14:31:26
(1)「東京大学・柏市超小型モビリティ協議会」(会長・鎌田実)は、このたび、高齢者の円滑な外出手段となりうる2人乗りの超小型電気自動車の公道走行認定を国土交通省から受けました。 (2)本件は、すでに「原付ミニカー」として公道を走行していた車両を、大学が改造し、本認定を受けた例として、日本初のものです。 (3)今回の認定は、超高齢社会において必須である高齢者の円滑な移動手段の開発に役立ちます。今後、毎日の利用に便利に使えるか、安全性に問題がないかなどを引き続き調査検討する予定です。
 
2014/05/23
人間環境学専攻鳥居研駒崎友亮さん(修士1年)がIDW ‘13 でポスター賞を受賞しました 2014:01:14:18:36:17
人間環境学専攻アメニティ科学分野修士1年の駒崎友亮さんが2013年12月に行われたInternationalDisplayWorkshop2013(札幌)にてIDW'13OutstandingPosterPaperAwardWinnersを受賞しました。...
 
2014/01/14
2013/04/02
2013/03/08
2012/05/08
東京大学と日本IBM、機能強化したオンデマンド交通システムを共同開発 三重県玉城町で今月より運用開始 2011:11:21:16:24:49
東京大学大学院新領域創成科学研究科大和研究室(以下、東大新領域大和研)と日本IBM(社長:橋本孝之、NYSE:IBM、以下、日本IBM)は、このたび、東大新領域大和研が開発、運営してきた地方自治体向けオンデマンド交通システム*に、数理解析技術に基づいた新機能を盛り込んだ新バージョ...
 
2011/11/21