ニュース

タグ:海洋技術環境学専攻

タイトル
投稿日
藤本航君、北祐樹君が日本船舶海洋工学会の若手優秀講演賞 2017:08:31:22:05:38
2017年5月に東京大学生産技術研究所にて開催された、日本船舶海洋工学会2017年度春季講演会にて、新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻博士課程3年の藤本航君、博士課程1年の北祐樹君が若手優秀講演賞を受賞しました。 藤本航,早稲田卓爾:水位時系列データからの波形再構成に向けた、...
 
2017/08/31
平成28年度新領域創成科学研究科長賞授与について 2017:03:30:11:21:46
平成28年度新領域創成科学研究科長賞について、以下のとおり学業部門 修士課程12名 博士課程12名の受賞が決定しました。 この制度は、平成18年度に新領域創成科学研究科の学生を対象として、学業、国際交流、地域貢献の各分野において顕著な功績等のあった個人又は団体を讃えることを目的として創設され、今年で11回目となります。 平成28年度授与式が3月15日(水)に行われ、味埜研究科長より受賞者へ記念楯が授与されました。
 
2017/03/30
海洋開発利用システム実現学寄付講座シンポジウムのご案内 2016:08:09:16:03:50
海洋開発利用システム実現学寄付講座シンポジウム開催のご案内 当寄付講座は、海洋資源開発を中心とした海洋開発利用システムの研究と人材育成に取り組んできております。本年は寄付講座開設後3年目にあたることから、産学協創プラットフォーム構想をテーマとするシンポジウムを開催することといた...
 
2016/08/09
6月4日(土)午後、海洋技術環境学専攻が駒場IIキャンパス生産技術研究所で本年度最後の入試説明会を実施 2016:05:22:9:00:08
海洋技術環境学専攻では、以下により、駒場IIキャンパス生産技術研究所にて本年度最後の入試説明会を行います。参加自由、事前登録不要です。奮ってご参加ください。日時2016(平成28)年6月4日土曜日 15時開始、17時終了予定会場東大駒場IIキャンパス(As棟3階311,312):...
 
2016/05/22
環境学研究系 合同入試説明会(2016) 5月8日本郷 5月21日柏 2016:04:08:18:08:49
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学研究系(自然環境学専攻,海洋技術環境学専攻,環境システム学専攻,人間環境学専攻,社会文化環境学専攻,国際協力学専攻,サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム)の合同入試説明会を下記のとおり開催します。両日程とも入場無料,事前登録不要です。お気軽にお越しください。 ※専攻・研究室別説明会に直接お越しの方は,開催日の直前に会場名を再度ご確認下さい。
 
2016/04/08
海洋技術環境学専攻博士課程藤本航君がThe 3rd International Conference on Violent Flows 2016 Best Student Paper Award受賞 2016:03:31:4:53:43
海洋技術環境学専攻博士課程1年の藤本航君がThe3rdInternationalConferenceonViolentFlows2016においてBestStudentPaperAwardを受賞しました。 ViolentFlowsは、水などの非圧縮流体の強非線形流れを扱う国際会議で...
 
2016/03/31
2015/09/07
環境学研究系 合同入試説明会(2015) 5月10日本郷 5月23日柏 2015:04:14:15:00:08
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 環境学研究系(自然環境学専攻,海洋技術環境学専攻,環境システム学専攻,人間環境学専攻,社会文化環境学専攻,国際協力学専攻,サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム)の合同入試説明会を下記のとおり開催します。両日程とも入場無料,事前登録不要です。お気軽にお越しください。 ※専攻・研究室別説明会に直接お越しの方は,開催日の直前に会場名を再度ご確認下さい。
 
2015/04/14
海洋技術環境学専攻 Dulini Yasara Mudunkotuwaさん(D2)と志賀俊成さん(M2)が、第30回北方圏国際シンポジウムの青田賞を受賞 2015:02:24:12:35:51
平成27(2015)年2月15日から19日にかけて北海道紋別市で開催された第30回北方圏国際シンポジウムにおいて、海洋技術環境学専攻の博士課程2年DuliniYasaraMudunkotuwaさんと修士課程2年志賀俊成さんが、40歳未満の若手研究者に与えられる第2回青田昌秋賞の海...
 
2015/02/24
海洋技術環境学専攻の研究員と学部卒論生が北方圏国際シンポジウムにて青田賞を受賞しました。 2014:02:20:10:03:22
2月17日から19日に北海道紋別市で開催された第29回北方圏国際シンポジウムにて、海洋技術環境学専攻の客員連携研究員(国立極地研究所特任研究員)Waruna君と工学部4年生(卒論生)永川君が、第1回青田昌秋賞の極地工学部門と海洋物理学部門を、それぞれ受賞しました。
 
2014/02/20
ウィンドチャレンジャー新形式硬翼帆の陸上実証実験開始 2014:01:20:14:00:12
 新形式の大型硬翼帆を搭載した船舶は、省エネルギー・低環境負荷の要求に応える次世代の新形式船舶として有望視されており、東京大学を中心とした産学共同研究として、上記各機関により「ウィンドチャレンジャー計画」が取り進められています。新形式の大型硬翼帆の開発を行い、これを船に複数基搭載して海洋風エネルギーを最大限に取り込み、船の主推進力とすることにより、大型商船の燃料消費量を大幅に削減する風力・燃料ハイブリッド推進船の開発を目指しています。
 
2014/01/20
Green Tech2013 International Contestの優勝について 2013:10:07:9:00:21
GreenTech2013において、海洋技術環境学専攻の和田良太・小平翼(D3)、木戸浦悠介(M2)、藤本航・牧野耕大(M1)(高木研究室、早稲田研究室)のチームが、"New Design Concept of Ocean Current Power Generation System"の発表を行い、International Contestで優勝しました。
 
2013/10/07
海洋開発利用システム実現学寄付講座設立記念シンポジウムのご案内 2013:10:01:10:29:51
皆様今年10月より海洋技術環境学専攻に「海洋開発利用システム実現学」が造船、海運、エンジニアリング、船級協会のご支援を頂き寄付講座として開設されました。講座開設を記念致しまして、下記の通りシンポジウムを開催させて頂きたく、皆様のご参加をお待ち申し上げております。【海洋開発利用シス...
 
2013/10/01
海洋技術環境学専攻の北極海航路の研究が読売新聞に掲載されました 2013:08:15:20:25:52
海洋技術環境学専攻で行われている北極航路と海氷予報の研究が、8月15日の読売新聞夕刊9面(科学面)で、解説記事として掲載されました。 読売オンラインのページ:http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20130814-118-OYTPT010...
 
2013/08/15
海洋技術環境学専攻の北極海氷研究が、朝日新聞に掲載されました。 2013:07:20:18:25:08
7月19日(土)朝日新聞夕刊の「ニュースのおさらい」に、海洋技術環境学専攻で行われている北極海氷の研究の解説が、カラー刷りで掲載されました。 朝日新聞デジタル版にも掲載されています:http://www.asahi.com/edu/jrhigh-exam/TKY201307200...
 
2013/07/20
海洋技術環境学専攻で行われている北極海氷予測の研究が、朝日新聞に掲載されました。 2013:06:21:11:20:37
海洋技術環境学専攻の山口研究室で行われている夏の北極海氷予測の研究が、6月21日の朝日新聞朝刊に紹介されました。今夏の海氷減少も昨年同様大きく、2年連続で最小記録を更新する可能性もあります。朝日新聞記事へのリンク:http://www.asahi.com/shimen/artic...
 
2013/06/21
2013/04/02
2013/03/08
第16回海洋深層水利用学会全国大会 「海洋深層水2012伊豆大島大会」11/8(木)-9(金)開催 2012:07:04:17:36:44
 研究科後援の、第16回海洋深層水利用学会全国大会 海洋深層水2012伊豆大島大会が、平成24年11月8日(木)、11月9日(金)に開催されますのでお知らせいたします。 海洋深層水利用学会全国大会第16回海洋深層水利用学会全国大会「海洋深層水2012伊豆大島大会」のお知らせ ...
 
2012/07/04
海洋技術環境学専攻の山口一教授が第二回気象文化大賞を受賞 2012:06:06:19:58:35
海洋技術環境学専攻の山口一教授が、5月19日付で一般財団法人WNI気象文化創造センター第二回気象文化大賞を受賞されました。この賞は、気象の減災・自助・共助、経済的利用、環境問題などへの対応における実用的な気象研究・活動について、革新的な成果をあげた「個人」および「団体」に、さらな...
 
2012/06/06
2012/05/08
次世代帆船「ウィンドチャレンジャー計画」の進展 2012:03:07:15:50:26
風力エネルギーを最大限に活用した次世代型超省エネ帆船の産学共同開発プロジェクト「ウィンドチャレンジャー計画」において、フィジビリティ研究の結果、大幅な燃料削減の可能性と技術的成立性を確認した。次の段階として実用化を目指した新形式硬翼帆のプロトタイプの製作と実証試験を行う。
 
2012/03/07
Desmond Manatsa セミナー (Shifts in IOD Association with East Africa Rainfall) 2月29日15:30 環境棟3階講義室 2012:02:22:11:00:38
教職員・学生各位 DesmondManatsa (BinduraUniversityofScience,Zimbabwe)によるセミナーを2月29日15:30より行います。Manatsaさんは、現在JSPS-Ronpaku研究員として、海洋技術環境学専攻のベヘラJAMSTEC連携...
 
2012/02/22
海底熱水鉱床の持続可能な開発に向けて-我が国の金属資源確保と環境の調和-   2010:06:30:10:00:47
日本近海の海底熱水鉱床(注1)が鉱物資源の宝庫として有望視されている。発表者は長年にわたって海底熱水鉱床を発見するための調査・研究を行ってきたが、ひきつづいて、生物多様性に留意しつつ資源開発を進めるための研究に取り組んでおり、最近の状況を紹介する...
 
2010/06/30
海難事故のフリーク波解析 2009:06:22:13:11:24
外洋に突発的に現れるフリーク波は、海洋波の波長と進行方向がそろう、特殊な海象条件下で発生しやすいことが、水槽実験や、フリーク波との遭遇が要因として考えられる海難事故時の波浪場の再解析により、解明された。将来のフリーク波の発生予測につながる基礎的な研究の成果は、Natureの注目記...
 
2009/06/22