ニュース

動物生殖システム分野保田隆子研究員が日本放射線影響学会女性研究者顕彰岩崎賞を受賞しました

先端生命科学専攻動物生殖システム分野(三谷啓志研究室)保田隆子研究員が、これまでの研究業績「メダカを用いた放射線誘発細胞死に関する研究」に対して日本放射線影響学会から女性研究者顕彰、岩崎民子賞を授与されました。
この賞は、女性研究者として放射線影響学の領域で継続的に研究活動を行い、研究の活性化と本学会の発展に顕著な貢献を成した女性研究者に対して、その功績を讃え贈られる賞です。