ニュース

第7回深宇宙探査学シンポジウム ー火星着陸のために、いまできることー 9月23日(金) 10:00~16:50開催

第7回深宇宙探査学シンポジウム ー火星着陸のために、いまできることー

日時 2016年9月23日(金)10:00~16:50
会場 東京大学柏キャンパス 柏図書館メディアホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map03_02_j.html
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html
主催 東京大学大学院新領域創成科学研究科
共済 神戸大学・惑星科学研究センター
プログラム
10:00~10:10 開会の挨拶
杉田精司(東京大学 理学系研究科/超小型探査機開発拠点)
10:10~10:50 永田晴紀(北海道大学 工学研究院)
相乗り衛星に搭載可能なハイブリッドキックモータの開発
10:50~11:30 小泉宏之(東京大学 新領域創成科学研究科)
超小型衛星用推進系の現在とこれから
11:30~12:10 船瀬龍(東京大学 工学系研究科)
超小型衛星による深宇宙探査の成果と将来
12:10~13:10 昼食
13:10~13:50 鈴木宏二郎(東京大学 新領域創成科学研究科)
展開型膜面エアロシェル超小型火星マルチ探査MAME 構想
13:50~14:30 上野宗孝(神戸大学 惑星科学研究センター)
惑星探査に向けた,多様なアプローチ
14:30~15:10 今村剛(東京大学 新領域創成科学研究科)
惑星大気圏の探査
15:10~15:50 臼井寛裕(東京工業大学 地球生命研究所)
火星に関する現状認識 および日本の探査戦略
15:50~16:30 パネルディスカッション
16:30~16:45 閉会の挨拶
味埜俊(東京大学 新領域創成科学研究科長)
 
ポスター
お問合せ

深宇宙探査理工連携ネットワーク
本シンポジウムは、東京大学大学院新領域創成科学研究科学融合研究推進調査費ならびに宇宙科学研究所大学共同連携拠点(神戸大拠点、東大拠点)の支援を受けて開催されます。

Supported by: 東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤科学研究系
基盤科学領域創成研究教育プログラム(CRETS)