ニュース

「生育環境」、「生育状況」、「農作業」の3軸モニタリング環境の構築および 当該情報の統合表示システムの開発

IT融合による統合型次世代農業プロジェクトでは、「生育環境」、「生育状 況」、「農作業」の3つのモニタリング情報を統合的に可視化できる システム を開発しました。

東京大学(人間環境学専攻、山田一郎教授、鳥居徹教授、割澤伸一准教授)と、 茨城大学、鈴与株式会社、鈴与商事株式会社、株式会社NTTファシリティー ズ(以下、NTTファシリティーズ)、西日本電信電話株式会社(以下、NTT 西日本)は、共同研究契約を締結し、鈴与グループの農業生産法人ベルファー ム株式会社(静岡県菊川市、以下「ベルファーム」)にて、次世代トマト施設栽培方式である低段密植栽培※1の大規模実証 試験(以下、「本実証試験」)に、 2014年5月より取り組んでおります。
この度、主としてNTT西日本、NTTファシリティーズが手掛ける農業関連 情報の「生育環境」、「生育状況」、「農作業」の3つの情報※ 2(以下、3 軸)を統合的に可視化するシステム等および生育環境モニタリングシステムにお いて進捗があり、記者会見を行いました。

※1
通常の4~5倍の栽植密度で苗を植えて第一~三花房の果実のみを収穫して終了する短期栽培を繰り返す方法。第一花房のみを収穫する場合を特に一段密植 栽培と呼ぶ。
※2
生育環境・・・温度、湿度、CO2、電気使用量など
生育状況・・・葉面積、茎伸長、茎径、果実重量、糖度、酸度など
農作業・・・農作業者の動線情報、動画情報など

NTT西日本記者発表記事
https://www.ntt-west.co.jp/news/1502/150216a.html