ニュース

クロマグロの全ゲノム解読に成功

 情報生命科学専攻/オーミクス情報センターの服部正平らと独立行政法人水産総合研究センター、九州大学および国立遺伝学研究所の共同研究グループは、食用として重要なクロマグロの全ゲノム解読(約8億塩基対)に世界で初めて成功しました。全ゲノムの解析から、他の魚類にない特徴的な視覚の遺伝子等、マグロの全遺伝子を明らかにしました。

この成果は、6月18日に科学雑誌米国科学アカデミー紀要オンライン版に掲載されました。


発表論文

Nakamura Y, Mori K, Saitoh K, Oshima K, Mekuchi M, Sugaya T, Shigenobu Y, Ojima N, Muta S, Fujiwara A, Yasuike M, Oohara I, Hirakawa H, Chowdhury VS, Kobayashi T, Nakajima K, Sano M, Wada T, Tashiro K, Ikeo K, Hattori M, Kuhara S, Gojobori T, Inouye K.(2013) Evolutionary changes of multiple visual pigment genes in the complete genome of Pacific bluefin tuna.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2013 Jun 18.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23781100


報道
独立行政法人水産総合研究センター
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr25/250719/index.html