ニュース

10月10日(木)13:15~ 物質系専攻特別セミナー「物質科学の新しい潮流」 第10回「量子相物性研究の現状と展望」 基盤棟大講義室

このセミナーは物質系専攻の教員・学生が少し広い視点から物質科学のフロンティアを勉強するために企画され、平成16年度にスタート致しました。このセミナーは学内外から先生方をお招きして異なったアプローチで物質科学研究に携わる当専攻の教員・学生に対し最先端の研究を分かりやすくお話しして頂くものです。今回、第10回を開催いたします。また、学生に対しては「物質系特別講義V」として開講されます。多くの教職員・学生の聴講を歓迎いたします。

 

日時:2013年10月10日(木曜日)
場所:東京大学 柏キャンパス基盤棟 2階大講義室

 

第10回「量子相物性研究の現状と展望」

 

13:15-13:20  趣旨説明(有馬副専攻長)
13:20-14:20  辛埴先生(東京大学・物性研究所)
             「光電子分光から見た超伝導研究の現状と展望」
14:20-15:20  上田和夫先生(東京大学・物性研究所)
             「クーパー対を束縛させるもの」
15:20-15:30  休憩
15:30-16:30  芝内孝禎先生(京都大学・理学研究科)
           「鉄系高温超伝導体に現れる多彩な量子物性」

(講演50分+質疑応答10分)