ニュース

【締切延長】若手向け国際会議AYRCOBのお知らせ【演題募集】

各位

先日GCOE「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」では学生・
若手研究者を対象とした国際会議「7th AYRCOB」開催をご案内しま
したが、演題募集の締切日が延長となりましたのでご連絡いたします。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
中仙道 美雪
新領域創成科学研究科
グローバルCOE
「ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏」
事務局
Tel: 63980(内線)
Fax: 63974(内線)
E-mail: gcoe@cb.k.u-tokyo.ac.jp
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
----------------------------------------------------------------
皆さま

東京大学の尾崎と申します.

私が運営委員をしておりますAYRCOBという国際会議についてのご案内
です.
演題募集を【7月10日】まで延長いたしましたので,奮ってのご応募
をお待ちしております.

AYRCOBは情報生命科学,オミックス生物学,システム生物学を研究する
学生・若手研究者向けの国際会議です.
# 会議の雰囲気につきましては,第4回の開催報告が日本バイオインフォ
マティクス学会のニュースレターに# 掲載されています.
( http://www.jsbi.org/pdfs/NewsLetter/NL22_P10.pdf )

今年は日本からは,東大の伊藤隆司先生,慶應大の荒川和晴先生が基調
講演をされます.

現在,口頭発表/ハイライトトラックについて,【7月10日】まで募集して
おります.
また,ポスター発表を【7月31日】まで募集しております.

口頭発表に採択された方には旅費・宿泊のサポートがあります.
上記関連分野を研究する若手の方の積極的な参加をお待ちしております.

詳しくは http://2013.ayrcob.org/program/ をご覧ください.

--------------------------------------------------------------------
【開催概要】
7th Asian Young Researcher Conference on Computational and Omics Biology 2013
(7th AYRCOB, 2013)
開催日時: 2013年9月9日(月)〜10日(火)
開催場所: (独)産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター (CBRC)
(東京都江東区青海2-4-7 産総研 臨海副都心センター別館)
ウェブサイト: http://2013.ayrcob.org/
使用言語: 英語
参加費: 無料


【開催趣旨】
AYRCOBは、アジアにおける情報生命科学,オミックス生物学,システム生物学を研究する
学生・若手研究者を対象とした国際会議です.
生物学の中でも比較的新しい分野を研究しているアジアの近隣国の学生・若手研究者が集
まることにより,通常の国際会議では得られにくいようなネットワークを形成し,将来に
つなげることを目的としております.
参加者は,口頭・ポスター発表,近隣国の学生・若手研究者との交流のほか,各国からの
招待講演者とのディスカッション,最新の研究内容に関する講演の聴講を行うことができ
ます.
これまで日本のみならず,台湾,シンガポール,韓国,中国などのアジア各国にて開催され,
口頭発表の採択率は現在約20%です.

7回目を迎える今年は,2013年9月9日から10日まで,(独)産業技術総合研究所 生命情報
工学研究センターにおいて,
Bioinformatics week in Odaiba 2013 (BiWO2013) と共催という形で開催いたします.

それぞれ,AYRCOB( 2013.ayrcob.org )とBiWO( http://www.cbrc.jp/biwo2013/ )に情報を載
せてありますのでご参照頂ければ幸いです.


【お問い合わせ】
AYRCOB organizing committee
メール: info@ayrcob.org


【基調講演者】
- Hsiao-Chun Huang, National Taiwan University, Institute of Molecular and Cellular
  Biology, Taiwan
- Weimou Zheng, Institute of Theoretical Physics, Academia sinica, China
- Kazuharu Arakawa, Institute for Advanced Biosciences, Keio University, Japan
- Sunghoon Kim, College of Pharmacy, Seoul National University, Korea
- Takashi Itoh, Graduate School of Science,T he University of Tokyo, Japan


【Call for Abstracts】
In the 7th AYRCOB, we invite submissions of abstracts for any of the following tracks:
1.     Oral
2.     Poster
3.     Highlight

For the Oral and Poster tracks, submitted abstracts must represent original, previously
unpublished research works. Nevertheless, submitted abstracts of partially published
works with new findings or works-in-progress in relevant emerging research topics are
also welcomed.

For the Highlights track, authors are invited to submit an abstract of their recently
published work. The paper must have been accepted for publication no earlier than February
2013 and the submission deadline on 10 June 2013. In addition to being already accepted for
publication, a paper "in press" must have been published online in the journal website in order
to qualify for submission to this track. The two-page abstract for this track should provide
the link to the website and describe how the work of the submitted full paper is impacting
the field.

All papers (in only WORD format) should be submitted to:
https://www.easychair.org/account/signin.cgi?conf=7thayrcob
# Sample format can be found at
http://2013.ayrcob.org/wp-content/uploads/2013/03/AbstractTemplate.doc


【Important Dates】
10 July 2013   Deadline for submission of abstract for Oral / Highlights presentation
25 July 2013   Notification of acceptance for Oral / Highlights presentation
31 July 2013   Deadline for submission of abstract for Poster presentation
9 Sept 2013 – 10 Sept 2013   Conference

For more information, please visit our web site: http://2013.ayrcob.org/submission


【Travel Sponsorships】
A limited number of travel sponsorships will be awarded to selected oral presenters.
Only authors submitting to the Oral track will be able to opt for such sponsorship.
When candidates submit the abstract at EasyChair, the submission page, please upload
your CV (up to 4 pages, A4 size, PDF format).

Please note that the organizers reserve the rights to request additional documentations
whenever deemed necessary to facilitate the assessment of travel sponsorship applicants.
Should such a need arise, authors who have opted for the travel sponsorship will be
contacted via e-mail.


--
尾崎 遼 おざき はるか Haruka Ozaki
> 東京大学  the University of Tokyo
> 新領域創成科学研究科  Graduate School of Frontier Sciences
> 情報生命科学専攻  Department of Computational Biology
> 高木研究室  Takagi Laboratory
> <harucao@gmail.com]] ]]>
> <harukao@cb.k.u-tokyo.ac.jp]] ]]> =