Press Release

Title
Date
Characterizing rare and low-frequency height-associated variants in the Japanese population 2019:10:02:14:16:25
AbstractHuman height is a representative phenotype to elucidate genetic architecture. However, the majority of large studies have been performed in European population. To investigate the rare and low-frequency variants associated with height, we construct a reference panel (N = ...
 
October 2, 2019
New susceptibility loci for prostate cancer identified by genome-wide association study 2019:09:30:17:42:00
Genome-wide association studies (GWAS) have identified ~170 genetic loci associated with prostate cancer (PCa) risk, but most of them were identified in European populations. We here performed a GWAS and replication study using a large Japanese cohort (9,906 cases and 83,943 male...
 
September 30, 2019
September 30, 2019
Room-Temperature Low-Field Colossal Magnetoresistance in Double-Perovskite Manganite 2019:09:18:16:40:43
S. Yamada, N. Abe, H. Sagayama, K. Ogawa, T. Yamagami, and T. ArimaWe have discovered room-temperature low-field colossal magnetoresistance (CMR) in an A-site ordered NdBaMn2O6 crystal. The resistance changes more than 2 orders of magnitude at a magnetic field lower than 2 T near...
 
September 18, 2019
September 13, 2019
September 9, 2019
Expansion of JST-Mirai program by three organizations jointly 2019:09:05:15:00:26
Japan Science and Technology Agency announces expanded research and development project to support wireless charging systems for electric vehiclesProgram led by Japan Science and Technology Agency will help contribute to the realization of a low-carbon society through a reduct...
 
September 5, 2019
Ion exchange discovered in solid-state semiconducting polymers 2019:08:29:10:00:55
Ion exchange discovered in solid-state semiconducting polymers: Dr. Yu Yamashita, Prof. Jun Takeya, Project Associate Professor Shun Watanabe, and other researchers -Department of Advanced Materials Science The research team demonstrated a new strategy for chemical doping of poly...
 
August 29, 2019
Numerical operations in living cells by programmable RNA devices 2019:08:22:10:00:36
細胞内の複数のマイクロRNAを同時に検知して 細胞を生きたまま精密に分けることに成功 ポイントメッセンジャーRNA(mRNA)注1)を細胞内に導入することで、一度に複数の細胞内マイクロRNA(miRNA)注2)を検知し、生きた細胞で多変量解析注3)を実行することができた。細胞によって発現量が異なる複数のmiRNAを同時に検出することで、細胞の種類や分化段階に応じて細胞を分画することに成功した。 要旨遠藤慧助教(東京大学大学院新領域創成科学研究科)、齊藤博英教授(京都大学CiRA未来生命科学開拓部門)らの研究グループは、人工RNAを細胞に...
 
August 22, 2019
August 9, 2019
Discovery of New Refractive Phenomena of Light: Difference between Back and Forth 2019:08:02:15:08:10
光の屈折の新現象を発見~往路と帰路で光の経路にずれ~発表者有馬 孝尚(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 教授)豊田 新悟(研究当時:東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 大学院生現:理化学研究所創発物性科学研究センター 基礎科学特別研究員) 発表のポイント◆メタホウ酸銅(注1)という物質において光の屈折を調べた結果、ある方向から光を入射した場合と逆方向から光を入射した場合で、屈折方向に差が生じることが分かった。◆この光の通る経路が行きと帰りで変化する現象は、今回初めて実験で観測された。◆今回発見された非対称な屈折現象は非常に小さな...
 
August 2, 2019
July 25, 2019
Detecting novel mobile particles with neutral charge in an insulator 2019:07:02:10:00:02
絶縁体中を動き回る謎の中性粒子を検出―「絶縁体」における「金属」的な熱の伝搬―概要 京都大学大学院理学研究科の佐藤雄貴 博士課程学生、笠原成 同助教、笠原裕一 同准教授、松田祐司 同教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科の芝内孝禎 教授、茨城大学理学部の伊賀文俊 教授の研究グループは、米国ミシガン大学、米国ロスアラモス国立研究所と共同で、ある種の絶縁体の内部を動き回る未知の中性粒子を発見しました。物質は電気が流れるか流れないかで金属と絶縁体の二種類に分類され、金属は熱を伝えやすく絶縁体は熱を伝えにくいという性質をもちます。これは金属中で電気...
 
July 2, 2019
How does a single neural circuit generate multiple behaviors? 2019:06:17:11:19:59
前に行ったり、後ろに行ったり〜 1つの神経回路が異なる動きを効率よく生み出すしくみ 〜 発表者 高坂 洋史(東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 講師) 能瀬 聡直(東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 教授) 発表のポイント◆ショウジョウバエ幼虫の脳神経系において、前進運動と後進運動という逆向きの動きを制御する神経回路を発見しました。◆前進運動専用の神経細胞と、後進運動専用の神経細胞が、共通の下流神経細胞を制御することで、回路構造をシンプルに保ったまま異なる運動を生み出す回路のしくみを初めて示しました。◆動物の多様な動...
 
June 17, 2019
Development of the World’s First ISS-Deployed CubeSat Equipped with a Water Micro-Propulsion System 2019:06:14:11:25:59
水を推進剤とした超小型衛星用エンジン及び実証衛星の開発に成功~ 世界初「国際宇宙ステーションからの水推進エンジンを搭載した超小型衛星の宇宙への放出」の実現へ ~ 発表者小泉 宏之(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻/工学系研究科航空宇宙工学専攻(兼担) 准教授)浅川  純(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 特任助教) 発表のポイント◆水を推進剤とした超小型衛星用エンジン及び実証衛星の開発に成功し、打上げへのめどが立った。◆本研究成果により、世界初の「国際宇宙ステーションからの水推進エンジンを搭載した超...
 
June 14, 2019
Experimental realization of a semiconducting quasicrystalline approximant in Al-Si-Ru by band engine 2019:06:11:16:07:06
アルミ系近似結晶で半導体を創製 ―固体物理学の基本的問題の解決と高性能熱電材料開発への突破口―
 
June 11, 2019
Discovery of doublon-holon pairing mechanism originating from antiferromagnetic interaction 2019:06:10:10:00:53
         反強磁性交換相互作用に起因するダブロン―ホロン間引力の発見~テラヘルツパルスを用いたモット絶縁体の電場効果の精密測定と理論解析~ 発表者寺重  翼(研究当時:産業技術総合研究所 産総研・東大先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ有機デバイス分光チーム 産総研特      別研究員/東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 客員研究員(現:株式会社キーエンス))宮本 辰也(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 助教)貴田 徳明(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 准教授)伊藤 利充(産業技術総合研究所...
 
June 10, 2019
New mechanism allows lower energy requirement for OLED displays 2019:06:06:14:26:26
有機ELの新たな発光機構を発見-三重項励起子を低電圧で選択的に形成- 理化学研究所(理研)開拓研究本部Kim表面界面科学研究室の木村謙介実習生(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻博士課程3年、日本学術振興会特別研究員)、三輪邦之客員研究員、今田裕研究員、金有洙主任研究員らの国際共同研究グループ※は、有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)デバイスにおいて重要な役割を担う三重項励起子[1]を低電圧で選択的に形成する新たな機構を発見しました。 本研究成果は、有機ELデバイスのエネルギー効率の向上や、発光材料の選択肢を広げること...
 
June 6, 2019
C.elegans was alive even below freezing -New low temperature storage- 2019:05:16:9:46:28
C. elegans was alive even below freezing !!-New low temperature storage and expectation for normal temperature storage- publisher:Nature ”Scientific Reports” DOI: 10.1038/s41598-019-42650-8author:Masahiro Kuramochi1,2, Sakae Tsuda2, and Yuji C. Sasaki1,2(Corresponding author: M. ...
 
May 16, 2019
May 7, 2019
April 11, 2019
March 26, 2019
March 20, 2019
March 18, 2019
March 18, 2019
March 15, 2019
March 14, 2019
February 7, 2019
February 7, 2019
February 7, 2019
December 27, 2018
December 27, 2018
December 25, 2018
December 25, 2018
December 25, 2018
December 25, 2018
December 6, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
December 5, 2018
Successful Observations of the Dynamic of Single Molecules with Amazing Low X-ray Doses 2018:11:30:19:00:35
-Acceleration and use expansion of super-high precision single molecule motion measurements -
 
November 30, 2018
Autonomous gene expression control nanodevice will contribute to medical care 2018:08:20:13:36:17
Osaka University-led Japanese scientists construct integrated gene logic-chips called “gene nanochips”Gene expression is a fundamental of life, where each cell switches on and off specific genes. Thus, an autonomous device that could control the on-off switching would have great ...
 
August 20, 2018
August 16, 2018
August 16, 2018
August 15, 2018
August 15, 2018

 1 2 3 >