ニュース

タイトル
投稿日
クワだけを食べるカイコの食性を実現する 「味覚の2段階認証システム」を発見 2020:09:17:21:01:01
発表概要国立大学法人東京農工大学大学院生物システム応用科学府 常藤加菜(2019年3月博士前期課程修了)、農学研究院 遠藤悠特別研究員(現東京大学大学院新領域創成科学研究科日本学術振興会特別研究員PD)、志井文香(2020年3月博士前期課程修了)、農学研究院生物システム科学部門 ...
 
2020/09/17
氷表面の原子レベル観察に成功 2020:09:12:7:31:45
発表のポイント◆結晶氷の表面の構造を原子レベルで直接観察することに初めて成功した。◆氷の表面は結晶内部から想定される構造から乱れている。◆氷表面で起きるさまざまな現象の解釈に大きな影響を与える結果といえる。発表概要東京大学大学院新領域創成科学研究科の川上直也大学院生(研究当時)、...
 
2020/09/12
電場で誘起される旋光性を用いて 結晶に内在する「時計回り、反時計回り」構造の空間分布を可視化 2020:09:11:18:00:33
発表のポイント ◆結晶に内在する「時計回り、反時計回り」構造の共存状態(強軸性ドメイン)を可視化 ◆強軸性ドメインを光学的に観測する手法を確立 ◆強軸性物質を用いた新規な光学素子などの開発に期待 発表概要: 東京大学大学院新領域創成科学研究科、同大学院工学系研究科、東北大学多元物...
 
2020/09/11
【重要】各専攻入学ガイダンスについて 2020:09:09:17:55:08
9月に各専攻で行われる入学ガイダンスについて、別添(下記URL)のとおりお知らせします。http://www.k.u-tokyo.ac.jp/info/images/uploads/news/_2020Sept.pdf新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について:...
 
2020/09/09
新規ゲノムシークエンス技術を駆使したがんゲノム解析  ~新しい治療法の探索に向けて~ 2020:09:05:7:00:37
発表のポイント◆新しいゲノムシークエンス技術を活用して、肺がんゲノムを網羅的に解析しました。◆従来の解析方法では見逃されてきたがんのゲノムの異常(突然変異)を見出しました。◆これまで見つけることができなかったゲノムの異常を新たに検出することで、新しい発がん・悪性化のメカニズムの解...
 
2020/09/05
【重要】令和2年9月18日 各専攻での学位記授与について 2020:09:04:16:03:47
令和2年9月修了生各位令和2年9月18日各専攻での学位記授与について別添(下記PDF参照)のとおり行うこととなりましたのでお知らせします。所属する専攻の指示に従って学位記を受け取ってください。 (PDFファイルはこちら)...
 
2020/09/04
環境システム学専攻 水野勝紀助教がクリタ水・環境科学研究優秀賞を受賞 2020:09:02:13:42:23
環境システム学専攻の水野助教(多部田研究室)が、公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団からクリタ水・環境科学研究優秀賞を受賞しました。優秀賞は2007年に創設され、過去に研究助成を受けられた研究者の中から、優れた研究成果や社会貢献の実績をあげている研究者に対して贈られ、その研究成...
 
2020/09/02
特異な構造相転移挙動を活用した高い製造プロセス適性を持つ高性能な有機半導体を開発 2020:08:20:13:00:33
発表のポイント◆ 高い溶解性を示す結晶相と高い半導体性能を示す結晶相の特異な相転移挙動を活かした製造プロセス適性が高く高性能の有機半導体C10–DNS–VWを開発しました。◆ 近未来のIoT(注1)社会のキーデバイスである安価な電子タグやマルチセンサーの実用化を大幅に加速させるこ...
 
2020/08/20
「めっき」を用いて高性能有機トランジスタを実現 -真空プロセスフリー・低コスト・ 低環境負荷なエレクトロニクス用電極として期待- 2020:08:10:19:00:22
発表のポイント◆エレクトロニクスデバイスに電圧や電流を入出力するためには電極を半導体に取り付けますが、有機デバイスでは主に金など貴金属を高真空下で蒸着する必要がありました。◆今回、「無電解めっき」を利用して高精細にパターニングされた金電極を半導体に貼り付け、高性能を有する有機トラ...
 
2020/08/10
ポリマーブレンド印刷法により大気下、低電圧で駆動する高移動度有機単結晶トランジスタと相補型インバーターを開発 2020:08:05:14:54:11
発表概要東京大学大学院新領域創成科学研究科の澤田大輝大学院生(修士課程2年生)、熊谷翔平特任助教、竹谷純一教授らは、極薄の有機半導体単結晶と絶縁性ポリマーとを一度に印刷することで、大気下において低電圧かつ高い電荷移動度で駆動可能な有機トランジスタの開発に成功しました。 有機トラン...
 
2020/08/05
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について 2020:08:05:14:32:01
新領域創成科学研究科学生各位新型コロナウイルス感染症の影響によるアルバイト休業の際等に新たに受けられる支援として、厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」が創設され、令和2年7月10日より申請の受付が開始されました。この支援金・給付金は、学生アルバイトについて...
 
2020/08/05
ソニー、東京大学、JAXA 宇宙感動体験事業の創出に向けた共同開発・技術実証契約を締結 -技術実証実験を目的に人工衛星を共同開発- 2020:08:05:14:00:49
ソニー株式会社国立大学法人東京大学国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 ソニー株式会社(以下、ソニー)、国立大学法人東京大学(以下、東京大学)、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、「宇宙感動体験事業」の創出に向けて三者で共同開発・技術実証契約を締結し、ソニー...
 
2020/08/05
関節リウマチにおける間質性肺炎リスク遺伝子領域の同定  ~肺線維化に関わる胸部CT画像パターンと関連~ 2020:08:03:20:04:53
研究成果のポイント◆5千人の関節リウマチ患者に対して、間質性肺炎発症者と非発症者のヒトゲノム情報解析により、関節リウマチに合併する間質性肺炎に関わる遺伝子領域を同定した。◆今回同定した遺伝子多型は肺の線維化に関わる胸部CT画像パターンで強い関連を認めた。◆関節リウマチに合併する間...
 
2020/08/03
世界で最も効率的なサンゴ分布調査ツール(Speedy Sea Scanner)を開発 2020:07:31:18:00:04
発表のポイント◆海底を効率よく調査し、サンゴ分布範囲を自動で算出するツール(SSS:SpeedySeaScanner)を開発しました。◆従来のダイバーによる潜水調査の約80倍、海中ロボットによる調査の約5倍の調査効率を低コストで実現しました。◆迅速で広域な海底調査が可能になるため...
 
2020/07/31
史上最薄の高分子樹脂を開発 2020:07:17:18:35:47
発表のポイント◆高分子シートはさまざまな製品に利用されていますが、その厚さを分子レベルにまで薄くすることは非常に難しく、これまで長い間化学者の課題となっていました。◆分子レベルの細孔を有する多孔性金属錯体(MOF)を鋳型として使うことで、わずか1分子の厚さの高分子シートを大量合成...
 
2020/07/17
【重要】新型コロナウイルス感染症に関連する対応について学生の皆さんへ 理事・副学長メッセージ 2020:07:16:14:03:49
本学ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関連する対応について」に、活動制限「レベル0.5」における、東京大学の対面授業や課外活動等の再開等に係る考え方について、メッセージが掲載されましたので、是非ご覧ください。https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/gene...
 
2020/07/16
千葉県柏市、産官学医連携による新型コロナウイルス感染症対策 「明日に備える新型コロナウイルス感染症検査体制強化プログラム」を始動―地域医療体制の崩壊を防ぐために、”新たな検査安定供給体制”を構築― 2020:07:10:10:00:16
柏市(市長:秋山浩保)、一般社団法人柏市医師会(会長:長瀬慈村)、東京大学大学院新領域創成科学研究科附属生命データサイエンスセンター(所在:千葉県柏市、センター長:鈴木穣)、楽天メディカルジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長:三木谷浩史/以下、楽天メディカルジャ...
 
2020/07/10
磁性体に内在するミクロな四重極磁石の空間分布を可視化 2020:07:09:18:00:56
発表のポイント◆四重極磁石と同様のスピン配列をとる反強磁性体において、四重極の符号の空間分布(ドメイン)を光学顕微鏡という簡便な手法で直接“視る”ことに成功しました。◆線形電気磁気光学効果と呼ばれる現象により反強磁性体のドメインを可視化したのは初めてです。◆本手法は、外部刺激に対...
 
2020/07/09
【重要】新型コロナウイルス感染症に関連する対応について 留学生向けメッセージ 2020:07:09:16:54:10
本学ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関連する対応について」のウェブページに、留学生向けメッセージが掲載されましたので、是非ご覧ください。 ■東京大学の留学生の皆さん、海外から東京大学へ入学予定の新入生の皆さんへhttps://www.u-tokyo.ac.jp/conte...
 
2020/07/09
【二次募集開始】学生支援緊急給付金 2020:07:08:16:37:31
「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の二次募集を開始しました。希望者は、下記の募集情報をご確認ください。 <募集情報>http://www.k.u-tokyo.ac.jp/info/images/uploads/news/_Application_Information....
 
2020/07/08
社会人の方へ「システム思考・システムズエンジニアリング」を英語で学ぶ!-大学院科目等履修生募集 2020:07:01:18:12:07
社会システムやビジネスの変革をテーマにした、「最適システム設計論(47170-76)」および「システム設計学国際演習(47000-60)」を、社会人の方も履修できる大学院科目等履修生の制度を利用して9月末より開講します。講義と演習を通じて、社会やビジネスをシステムとして捉えるシス...
 
2020/07/01
日本人特有の白血病発症メカニズムの解明へ-バイオバンク・ジャパンデータベースの活用による成果- 2020:06:25:9:00:03
発表概要理化学研究所生命医科学研究センターゲノム解析応用研究チームの寺尾知可史チームリーダー(静岡県立総合病院免疫研究部長、静岡県立大学特任教授)、鎌谷洋一郎客員主管研究員(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)らの国際共同研究グループ※は、血中で後天的なDNA変異を持つ白血球...
 
2020/06/25
低電流でのスキルミオン制御に成功  -省エネで情報操作可能な電子デバイス機能を創出- 2020:06:18:16:14:45
発表概要理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター電子状態マイクロスコピー研究チームの于秀珍チームリーダー、強相関量子構造研究チームの有馬孝尚チームリーダー(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)、強相関理論研究グループの永長直人グループディレクター(東京大学大学院工学系研究...
 
2020/06/18
新領域・教務チーム窓口再開のお知らせ 2020:06:15:9:49:31
6月15日(月曜)より下記の時間帯で教務チームの窓口を再開しましたのでお知らせします。窓口受付時間午前9:00~午後1:00...
 
2020/06/15
先端エネルギー工学専攻 寺尾悠助教が低温工学・超電導学会 奨励賞を受賞 2020:06:11:14:01:55
先端エネルギー工学専攻の寺尾助教(大崎研究室)が、35歳以下の若手研究者に送られる低温工学・超電導学会奨励賞を受賞しました。...
 
2020/06/11
疾患発症に関わる日本人の遺伝的特徴の解明 -日本人21万人のゲノム解析により遺伝的変異を検索- 2020:06:09:9:00:53
発表概要理化学研究所(理研)生命医科学研究センター統計解析研究チーム(研究当時)の鎌谷洋一郎チームリーダー(東京大学大学院新領域創成科学研究科)、石垣和慶特別研究員、久保充明副センター長(研究当時)、東京大学の門脇孝名誉教授、山内敏正教授、東京医科歯科大学の稲澤譲治教授らの国際共...
 
2020/06/09
「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の募集に伴う副学長メッセージ 2020:06:05:15:48:24
学生各位 6月3日、東京大学HPに「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の募集開始に伴う「学生支援担当理事・副学長メッセージ」が掲載されましたので、是非ご覧ください。学生支援担当理事・副学長メッセージhttps://www.u-tokyo.ac.jp/content/400...
 
2020/06/05
【教育・研究活動のためのネットワーク環境支援 継続】 2020:06:05:10:54:53
学生各位 [目的]本学では、緊急の授業のオンライン化に際し、ネットワーク環境の整っていない学生に対してモバイルWiFiルータを提供する支援を行っています。引き続き継続して必要な人への支援を続けます。なお、貸出できる機器には限りがあるため、応募多数の場合には、これまで通り授業の受講...
 
2020/06/05
遷移元素を含む物質の「隠れた秩序」の観測に成功 ―重い元素の示す奇妙な振る舞いの理解に向けて― 2020:06:04:19:27:02
発表のポイント◆重い遷移元素レニウムを含む物質において、放射光X線を用いた高精度の測定により、「隠れた秩序」として知られる多極子の整列パターンを世界で初めて観測することに成功しました。◆多極子の整列パターンは、理論予測通りの整列と、予測されていなかった新たな整列の2種類あることを...
 
2020/06/04
物質系専攻松永哲也講師が、2019年度日本材料学会関東支部若手活動賞を受賞 2020:06:03:10:29:22
物質系専攻の松永哲也講師が、日本材料学会関東支部若手活動賞を受賞しました。この賞は、優れた研究活動および学会活動を行った若手研究者に贈られるものです。
 
2020/06/03
基盤棟・自動証明書発行機の利用再開について 2020:06:01:16:06:42
4月20日より利用停止としていました基盤棟の自動証明書発行機について、6月1日より利用を再開します。 利用時間:平日9:00~18:00(年末年始・夏季休業中を除く)利用については下記事務ポータルサイトをご覧下さい。https://sites.google.com/a/adm.k...
 
2020/06/01
【募集開始】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 2020:06:01:11:24:56
5月29日から「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の募集を開始いたしました。『学生支援緊急給付金』は申請期間が大変短くなっております。希望する方は、必ず下記の本学WEBサイトで申請期間・申請方法や要件等を確認のうえ、お申し込みください。 【募集情報】https://www...
 
2020/06/01
細胞培養用の液滴カプセルの超高速分取技術を開発  ―大規模1細胞解析による精密医療、創薬、ウイルス検査、スマートセル産業に貢献― 2020:05:30:9:00:25
発表のポイント◆細胞を活き活きとした状態で培養できる大きさの微小液滴カプセルを、従来技術よりも20倍のスピードで分取する新規の手法を開発した。◆本技術が得意とする大きさの液滴内において、細胞の生存率と抗体産生量が上がることを示した。さらに、本技術を用いて増殖スピードの遅い微生物の...
 
2020/05/30
磁化がゼロでも現れる特殊な磁気光学現象 2020:05:28:10:08:10
発表のポイント◆チタンとマンガンの複合酸化物の光の透過を調べたところ、ある方向から光を入射した場合と逆方向から光を入射した場合で、透過率に差が生じることが分かりました。◆磁石としての性質を持たない物質でこの効果が見つかったのは初めてのことです。◆磁石としての性質を持たないほうが表...
 
2020/05/28
新機構が生み出す過去最小の磁気渦粒子を発見 -超高密度な次世代情報担体としての活用に期待- 2020:05:19:11:41:31
発表のポイント◆高い対称性を持つ希土類合金(GdRu2Si2)中で、既知の化合物では過去最小となる直径1.9nmの磁気スキルミオン(粒子性を持った渦状スピン構造)を観察することに成功。◆従来、スキルミオンは結晶構造の低い対称性に起因して生じるとされてきたが、この物質では動き回る電...
 
2020/05/19
2020/05/18
【情報基盤センター】オンライン授業・Web会議ポータルサイト トラブルサポート窓口ページ公開のお知らせ 2020:05:18:17:07:50
【情報基盤センター】オンライン授業・Web会議ポータルサイトトラブルサポート窓口ページ公開のお知らせAnnouncementofTroubleSupportPageinOnlineCourse/WebConferencePortalSite オンライン授業・Web会議ポータルサイ...
 
2020/05/18
世界初!大気・熱・バイアスストレス耐性を有する 高信頼性かつ高移動度電子輸送性有機半導体材料の開発に成功 2020:05:02:8:00:13
発表のポイント◆ 高信頼性かつ高移動度・環境ストレス耐性を有する実用に耐えうる塗布型電子輸送性有機半導体材料の開発に世界で初めて成功しました。◆ 新しい分子設計指針に基づく電子輸送性BQQDI骨格の開発に成功しました。◆ 近未来のIoT社会のキーデバイスである安価な電子タグやマ...
 
2020/05/02
【重要・5/13〆】オンライン授業受講のためのネットワーク環境支援について 2020:05:01:16:45:58
学生各位ネットワーク環境が整っていない学生のために、50GB/月の高速通信が可能なモバイルWiFiルータの貸し出しを行います。対象は以下の「詳細」のウェブサイトに掲載されている環境に置かれた学生です。申し込みを行う前に、必ずご一読下さい。詳細 https://utelecon.g...
 
2020/05/01
新領域教務チーム事務室閉室のお知らせ 2020:04:20:12:03:37
新型コロナウイルス感染拡大防止のため新領域教務チームの窓口を閉室しています。また、柏キャンパス内の自動証明書発行機も当面停止します。閉室中のお問い合わせは、下記のメールアドレスにお送りくださいますようお願いいたします。勤務体制縮小、在宅勤務対応を行っているため、返信・対応に通常以...
 
2020/04/20
【重要・4/21〆】オンライン授業受講のためのネットワーク環境支援について 2020:04:15:18:04:04
新領域創成科学研究科学生各位 4月から開始されましたオンライン授業の受講にあたり、ネットワーク環境が整っていない学生に対してモバイルWiFiを提供する支援を行うとのお知らせがありました。支援を希望する学生は、下記通知を確認の上、4/21(火)までに直接申し込んで下さい。-----...
 
2020/04/15
大腸がん・乳がん・前立腺がんの遺伝学的検査の有効性を検証 2020:04:09:14:00:56
理化学研究所東京大学大学院新領域創成科学研究科日本医療研究開発機構 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター基盤技術開発研究チームの劉暁渓基礎科学特別研究員(研究当時)、桃沢幸秀チームリーダー、東京大学大学院新領域創成科学研究科の松田浩一教授らの共同研究グループ※は、日本人の...
 
2020/04/09
人間環境学専攻 米谷玲皇准教授と、物質系専攻 渡邉峻一郎特任准教授が、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞に決定しました 2020:04:07:13:20:33
文部科学省より、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が発表され、人間環境学専攻米谷玲皇准教授と、物質系専攻渡邉峻一郎特任准教授が若手科学者賞を受賞いたしました。この賞は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた研究者に授与されるものです。氏名所属業...
 
2020/04/07
ISIDと東京大学、先端技術を活用した環境デザイン分野の課題解決アプローチ 「社会実験構想学」の共同研究を開始 2020:04:06:15:03:04
2020年4月6日株式会社電通国際情報サービス国立大学法人東京大学 ISIDと東京大学、先端技術を活用した環境デザイン分野の課題解決アプローチ「社会実験構想学」の共同研究を開始~実践型教育プログラムで生まれた学生提案を社会実装する研究プロジェクト~ 株式会社電通国際情報サービス(...
 
2020/04/06
川合眞紀名誉教授、日本学士院賞を受賞 2020:04:06:9:47:15
令和2年4月6日、優れた業績をあげた研究者へ贈られる日本学士院賞が発表され、本研究科物質系専攻 川合眞紀名誉教授(現分子科学研究所長、日本化学会会長)の受賞が決定しました。川合教授は、固体表面に吸着した分子に関して、走査トンネル顕微鏡を用いた精緻な分光学的研究を行い、触媒化学分野...
 
2020/04/06
【重要】新型コロナウイルス感染症に関連する対応について 総長メッセージ 2020:04:06:9:09:26
4月1日、東京大学HPに、新型コロナウイルス感染症に関連して学生のみなさんへ向けて総長からのメッセージが掲載されましたので、是非ご覧ください。学生のみなさんへ~夏学期を迎えるにあたって~|東京大学https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/preside...
 
2020/04/06
小野靖研究室の染谷諒君が電気学会電気学術奨励賞を受賞しました。 2020:04:03:15:05:42
染谷君は,プラズマ中のイオンの流速ベクトルとイオン温度の1次元分布をわずか2本のガラス管の挿入で計測できる4方向受光型ドップラー分光プローブアレイを開発しました。プラズマへの擾乱の少なさと1次元分布が計測できる点で画期的で,今回の受賞につながりました。
 
2020/04/03
【重要】(変更あり)各専攻入学ガイダンスについて 2020:04:02:13:42:43
4月に各専攻で行われる入学ガイダンスについて、既にお知らせしているところですが、下記リンクのとおり、日程・実施方法等に変更がありましたのでお知らせします。各専攻入学ガイダンス(2020年4月2日更新)※社会文化環境学専攻に変更がありました。新型コロナウイルス感染症(COVID-1...
 
2020/04/02
【重要】(変更あり)各専攻入学ガイダンスについて 2020:04:01:16:20:20
4月に各専攻で行われる入学ガイダンスについて、既にお知らせしているところですが、下記リンクのとおり、日程・実施方法等に変更がありましたのでお知らせします。各専攻入学ガイダンス(2020年4月1日更新)※物質系専攻に変更がありました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への...
 
2020/04/01
無花粉スギの原因遺伝子(MALE STELARITY 1)を同定~MALE STELARITY 1を持つスギをDNA分析で迅速・正確に識別する手法を開発~ 2020:03:30:17:33:45
発表概要スギ花粉症は、我が国の大きな社会問題の一つになっています。新潟大学農学部の森口喜成准教授、森林総合研究所樹木分子遺伝研究領域の上野真義チーム長、東京大学大学院新領域創成科学研究科の笠原雅弘准教授、基礎生物学研究所生物機能解析センターの重信秀治教授らの共同研究グループは、雄...
 
2020/03/30

 1 2 3 >  Last ›