研究科、研究系及び専攻における教育研究上の目的

研究科における教育研究上の目的

本研究科は、学融合を通じて新たな学問領域の創成を目指した教育と研究を行うことを目的とする。現代社会の要請とその変化に対応して、人類が解決を迫られている課題に果敢に挑戦するとともに、領域横断的な視点と高度な問題解決能力を有する国際性豊かな人材を育成し、もってより良い社会の実現に積極的に貢献していく。



研究系における教育研究上の目的

研究系名

目  的

基盤科学研究系

基盤科学研究系は、物理・物理工学、化学・応用化学、材料科学、エネルギー科学、航空宇宙工学、プラズマ科学、電気工学、情報学、数理工学、脳科学、非線型科学、地球惑星科学など多岐にわたる分野の教員が、既存の分野の壁を越えた学融合による新たな研究領域の創成を通して、既存の科学・技術では解決できない現代の諸問題の解決に貢献できる人材を育成する。

生命科学研究系

生命科学研究系は、これまでの理学、農学、薬学、医学等の分野で確立された生命科学を、分子レベルから個体レベルまで、基礎から応用までを網羅する次世代生命科学を構築するための先導的・横断的な教育研究を行うことを目的とする。そのために、新しいゲノム科学を軸とした展開や、知財等の新しい分野への展開を重点としている。

環境学研究系

環境学研究系は、本学における環境問題を総合的・融合的に扱う唯一の専攻群であり、世界的に深刻化する環境問題に多様な方面から取り組み、相互に有機的に連携しながら、研究と教育の両面で環境学を発展させることにより、持続可能な社会の構築をリードする人材の育成を目指している。この目的の達成にむけ、自然環境、環境システム、人間環境、社会文化環境、国際協力、海洋技術環境の6専攻とサステイナビリティ学の1教育プログラムという分野設定を行い、それぞれを教育研究のユニットとしている。



専攻における教育研究上の目的

専攻名

目  的

物質系専攻

物質系専攻では、天文学的な数の電子や原子核から構成され多様な自由度をもつ物質の未開拓な自由度を開拓して、新奇な現象の探索、新しい物質観の構築を行い、さらに、それらの応用展開を目指し研究を推進する。物質科学のフロンティアにおける先導的研究の実践と総合的・系統的な幅広い物性教育を通じて、高度な専門知識を基盤に分野横断的な視点と創造性溢れる問題解決能力を有し、次世代の社会と科学を牽引する人材を育成する。

先端エネルギー工学
専攻

先端エネルギー工学専攻の中心的研究課題は、物質の極限状態におけるエネルギーの発生、利用と制御、極限構造材料設計、また電磁エネルギーを代表とするエネルギーの効率的な利用、貯蔵、さらに環境適合性も考慮した新たなエネルギー源と高度なエネルギー利用の可能性がもたらす未来社会の設計である。教育上の目的は、未来のエネルギー計画について具体的な可能性をイメージした先端的・独創的な研究・技術開発を行なえる人材養成である。

複雑理工学専攻

多数の非線形要素が強く相互作用する複雑系の理解は21世紀の新しい科学技術を創成する原動力となり得ることが明らかになってきました。複雑理工学専攻では、「脳」「アストロバイオロジー」「極限物質」の3つのモジュールと、これらの分野に共通する「複雑系プラットフォーム」を構築することにより新たな展開を図っています。教育面では「複雑性」を理学と工学を融合した新しいアプローチにより解明し、新しいパラダイムを創成できる研究者・技術者を養成することを目的としています。

先端生命科学専攻

先端生命科学専攻は、生命科学の急速な展開に即応できる先導的かつ分野横断的な教育研究を共通理念として、生命現象を支える根本原理と統合的な生物機能を理解し、将来の生命科学関連諸問題の解決に資する人材を育成する。また、生命をつかさどる基本分子の構造及び機能に着目し、分子・細胞レベルから個体レベルまでをつないだ基礎から応用までを網羅する、先端的な次世代生命科学の創出を目指す。

メディカル情報生命
専攻

メディカル情報生命専攻は、生命科学・医科学の領域における情報科学の急激な進展に伴う新たな研究スタイルの変化とパラダイムシフトに対応し、医科学を中心とする生命科学と情報科学の融合を先導する研究を進めると同時に、実践的な実習を組み込んだ医科学と情報科学のダブルメジャー教育を実施し、その融合を通じた将来のイノベーションの担い手や、医学生物学を応用する各方面での新しい時代の要求に応える人材の教育を行う。

自然環境学専攻

自然環境学専攻は、生命科学、地球科学、自然認識論、情報処理科学の緊密なコラボレーションにより、「自然環境とその変貌の解明」や「人間と自然とのよりよいかかわりあいの創出」を探求する。特に、野外調査、理論、実験に基づき、環境問題の解決、自然環境の保全、自然資源の持続的活用や人間活動と共存しうる自然環境創成のための研究を行うとともに、社会においてそれらを実践しうる人材とを養成する。

海洋技術環境学専攻

海洋の利用と保全に関わる技術や政策科学を発展させ、以って海洋新産業の創出、海洋の環境創成に資する教育・研究を行う。海洋技術政策に通じ、海洋資源開発、海洋エネルギー利用、海洋環境保全、海洋情報基盤等の学問を修め、高度な専門性と国際性を持って海洋関連政策の立案、産業振興、環境保全の実現のために活躍できる人材を養成する。

環境システム学専攻

21世紀のあるべき環境を、大気、水、地殻、地球の視点及び物質、エネルギー、プロセス及び環境安全の視点からシステムとして捉え、そのために必要な統合化技術及び要素技術の研究と教育を行う。環境問題を技術で解決するための工学的センスと環境施策立案や環境リスク管理のセンスを養うことで、環境問題に対する広い見識を有し、包括的に取り組むことができる人材を育成する。

人間環境学専攻

人類の活動が地球規模で環境に影響を及ぼすこと、および高齢社会が確実に進行する、という前提のもとで人類の持続的な発展を可能とする仕組みが求められている。このような社会の要請に応えるため、産業と経済活動を、人間を取り巻く環境の視点で捉えた環境学の基礎知識と、今日の豊かな社会を築き上げてきた工学・情報学の知識を有し、人それぞれの生活の向上と社会の繁栄を目指す基礎研究や技術開発、あるいは持続的発展の仕組みのデザインに従事できる人材を育成する。

社会文化環境学専攻

物理的かつ人文社会的なさまざまな要素の相互作用の中にある、住居・建築・都市・地域・地球といった幅広いスケールの「環境」を対象に、分析・評価・予測・形成・管理に関する研究を行うことにより、自然科学及び人文社会科学の多面的なアプローチによる研究の学融合の理念を専攻レベルで具現化しようとしている。そのような専門的かつ学融合的な研究を基礎にして、複雑で錯綜した環境問題に対して、高い専門性を持ちつつ多領域の専門家と連携して対処できる人材の育成を教育の目的としている。

国際協力学専攻

国際協力における主要課題、すなわち、貧困削減、開発協力、環境協力・資源管理、制度設計・政策協調等の、世界が直面している課題を、学融合的アプローチで分析し、その予防や解決の具体的方策を提案できる世界レベルの研究者の育成、及び、国際社会の最前線で政策立案能力と実務マネジメント能力を備えてリーダーシップを発揮して活躍できる人材の育成を図る。