HOME > 本専攻の概要
先端エネルギー工学専攻の概要
エネルギーとは、物体が仕事をする能力を表すことばです。 あらゆるシステムが機能するため、また生命体が生存するためには、エネルギーを生産あるいは摂取し、変換、貯蔵、輸送し、活用する機構が必要です。
先端エネルギー工学専攻では、「エネルギー」をキーワードとして、先端物理、材料、機器、制御、システム、環境の諸問題を総合的にとらえた教育・研究を行ないます。 中心となる主題は、超高温状態(プラズマ)や高エンタルピー状態など、物質の極限状態におけるエネルギーの発生、利用と制御、極限構造材料設計、また電気エネルギー、電磁エネルギー、電磁波エネルギー、光エネルギーといった様々な形態をとるエネルギーの効率的な利用、貯蔵、環境適合性、さらに新たなエネルギー源と高度なエネルギー利用の可能性がもたらす未来社会の設計です。
今日の科学技術に対して社会から強く求められている課題の一つは、人類が生存し高度な文明社会を築いてゆくために必須の「エネルギー」を、科学の視点から総合的に捉え、いろいろな分野に分散して研究・開発されてきた技術を融合させ、社会と調和した発展を図ることです。
本専攻は、エネルギー変換システム講座、システム電磁 エネルギー講座、プラズマ理工学講座、核融合エネルギー工学講座、融合デザイン講座(基盤科学領域創成研究教育プログラム)、宇宙エネルギーシステム講座(連携講座)、先端電気エネルギーシステム講座(連携講座)からなる 学融合的な教育研究体制をとり、未来のエネルギー計画について具体的な可能性をイメージした先端的・独創的な研究・技術開発を行なうことができる人材養成を目指しています。
先端エネルギー工学のフィールド
先端エネルギー工学の舞台となる分野の一端を以下に紹介します。
  • プラズマ(物質の超高温状態)の物理学と応用
  • 高エンタルピー流(超高速/高温流)の物理学と応用
  • 極限環境下における構造と材料工学
  • 宇宙におけるエネルギーの生成、変換と利用
  • 先端電磁エネルギー変換工学、超電導技術
  • 高効率エネルギー変換工学
  • エネルギ ー問題におけるシステム工学
さらに、これらを総合的に捉え、各分野に分散して研究・開発されてきた技術を融合し、社会と調和した発展を図ることを目指しています。本専攻はエネルギー工学における新領域の創造に意欲をもって挑戦します。
エネルギー工学の展開
エネルギー工学の展開
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤科学研究系 先端エネルギー工学専攻
〒277-8561千葉県柏市柏の葉 5-1-5
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤科学研究系 先端エネルギー工学専攻