FPXCとは
研究部門一覧
先端ゲノミクス研究部門
蛋白質生産研究部門
次世代創薬開発研究部門
相互作用解析研究部門
HTS開発研究部門
立体構造解析研究部門
メディカルケミストリー研究部門
創薬デザイン研究部門
知財戦略研究部門

創薬デザイン研究部門

当研究室では、松本直樹准教授を中心に、自然免疫に関わるナチュラルキラー(NK)細胞や、抗原提示細胞である樹状細胞上のレクチン様受容体の研究を行っています。これらは膜貫通型の受容体であり、細胞外にC型レクチンドメインをもち、細胞内には活性化モチーフであるITAM、または抑制性モチーフのITIMをもっています。これらNK細胞ならびに樹状細胞の受容体をコードする遺伝子は、NK遺伝子複合体およびその近傍にクラスターして存在しています。
 1種類の抗原を特異的に認識するT細胞、B細胞とは異なり、NK細胞は病原体、ウイルス、がんなど、さまざまな外来性抗原を識別する多種類の受容体を一つの細胞上にもっています。活性型の受容体と抑制性の受容体があり、非自己を認識して標的を傷害する一方、自己を識別して抑制性のシグナルを伝え、自己に対する攻撃を回避しています。また、抑制性受容体は、自己だけでなく、特定の分子の発現をモニターして、多様な機能を制御しています。一方、樹状細胞はプロフェッショナルな抗原提示細胞であり、抗原特異的なヘルパーT細胞や細胞傷害性T細胞を誘導し、免疫を活性化あるいは寛容に導きます。樹状細胞上のレクチン様受容体は外来抗原の取り込みに働いたり、T細胞活性化に直接関与する共刺激分子の発現やサイトカインの分泌を増強あるいは抑制することにより、免疫応答を調節しています。
 これら受容体の生体内でのリガンドは主に糖鎖と考えられますが、リガンド糖鎖を化学合成し免疫応答の制御に供するには、多くの困難があります。それゆえ、これらリガンドを模倣した化合物を化合物ライブラリーから探索することが、創薬への強力なアプローチとなります。
 一方、長年積み重ねたレクチン研究の展開として、特定の糖鎖構造を認識できる新規改変レクチンの作製を行っています。植物レクチンは植物の抗体とも言うべき生体防御分子であり、抗体と類似のvariable binding loopを持っています。このループの部分をランダムなアミノ酸で置換した改変レクチンライブラリーから、特定の糖鎖と結合するクローンを単離することができます。また、ある特定の細胞に結合するクローンを単離することも可能です。このような手法で単離した新規の改変レクチンを用いたレクチンチップを作製し、さまざまな疾患に対する診断への応用を検討しています。