FPXCとは
研究部門一覧
先端ゲノミクス研究部門
蛋白質生産研究部門
次世代創薬開発研究部門
相互作用解析研究部門
HTS開発研究部門
立体構造解析研究部門
メディカルケミストリー研究部門
創薬デザイン研究部門
知財戦略研究部門


相互作用解析研究部門

津本グループ

生命現象は、高度に組織化された、非共有結合の組み合わせによる特異的分子間相互作用によって構成されている。
本研究部門では、このような特異的相互作用の本質を実験的立場から議論し、創薬あるいはケミカルバイオロジーへの展開を指向したリガンドスクリーニング、デザインや最適化を進める研究を展開している。部位特異的変異導入や進化工学的手法、物理化学的解析(表面プラズモン共鳴SPR,等温滴定型熱量測定:ITCや示差走査熱量測定:DSC等)、分光学的解析、結晶構造解析、小角散乱、核磁気共鳴法等さまざまな手法を用いて解析を進めるとともに、その解析の基盤となる蛋白質溶液のハンドリング技術や、FBDDにおけるSPR、ITCの利用に関する基礎研究を進めている。また、バイオベター、バイオスペリア時代のバイオ医薬品開発を目指し、がん治療への展開を指向した改変抗体、あるいはサイトカインを標的にした技術開発と応用を進めている。さらに、組換えワクチンと抗菌剤開発を目標に、院内感染の原因菌として知られる黄色ブドウ球菌と溶連菌感染症を引き起こすレンサ球菌に焦点を当て、これらの病原因子蛋白質群の分子マシーナリーを構造学的・物理化学的な側面から解明することを目指した研究も展開している。

尾山グループ

次世代の生命科学研究における中核の一つとして注目されてきたプロテオミクス研究は、超高感度ショットガン解析を可能とする次世代型質量分析システムの登場により、数千のタンパク質の動態を一度に俯瞰することができるようになってきている。本研究部門では、ゲノム科学の進展によって得られた大量のゲノム・トランスクリプトーム情報を基に、細胞内タンパク質の全体像(プロテオーム)やそれらの翻訳後修飾の全体像(モディフィコ―ム)の網羅的計測を通して、翻訳制御やシグナル伝達をはじめとする生命システムの構築理論に迫ることを試みている。また、タンパク質安定同位体ラベル化技術を基盤とした高精度相対定量プロテオーム解析技術を軸に、プロテオームやモディフィコ―ムに関する時空間動態解析を行う技術基盤の確立を併せて推進している。現在、リン酸化などの翻訳後修飾によるタンパク質相互作用ネットワークの動的な制御機構の解析に焦点を当て、各種疾患解析をリードするグループとの共同研究により、疾患ごとの相互作用ネットワークの特性をシステムレベルで記述し、創薬ターゲットの探索を理論的に行う情報解析基盤の構築を進めている。