FPXCとは
研究部門一覧
先端ゲノミクス研究部門
蛋白質生産研究部門
次世代創薬開発研究部門
相互作用解析研究部門
HTS開発研究部門
立体構造解析研究部門
メディカルケミストリー研究部門
創薬デザイン研究部門
知財戦略研究部門

知財戦略研究部門

アカディミアが創薬機能(Drug Discovery Functions in Acadimeia : DDFA)を保有するに際しては、従来の大学の知的財産権管理の枠組みを超えた知的財産権戦略、ビジネススキーム、継続的な創薬資源整備が求められる。知財戦略研究部門では、この課題に対して次の観点から研究を行う。
1) 大学が保有する創薬機能に関わる知的財産権の研究
創薬機能を保有することにより発生する広義の知的財産権は多岐にわたっており、従来から議論されてきたリーチスルー問題だけでなく、研究活動から発生する成果についての妥当な権利化の範囲を判断するためのレファレンスは未整備である。当部門では、Discovery Phaseにおけるツール・プロダクト両面からの権利化の事例研究を実施することにより、当センターで実施されるプロジェクトに対して権利化範囲に関するレファレンスを提供していく。
2) DDFAにおけるビジネススキームの研究
DDFAに対する製薬企業の関与は不可欠であるが、このためには創薬研究におけるオープン・イノベーションの管理スキーム(役割分担と契約)についての共通認識が醸成されることが望ましい。個別の研究テーマやプロジェクトで求められる創造的な管理スキームの構築はこうした共通認識が前提となる。当部門では、この目的に参照となる事例を探索し、その管理スキームに関する事例研究を行う。
3) DDFAに関する国際比較研究
大学が創薬研究資源を整備していくにあたり、創薬機能に特化したセンターを保有する国内外の大学について、①資源、②機能、③プロジェクト運営の3つの視点から比較研究を実施することにより、DDFAのあるべき姿を探るとともに、当センターの運営上の諸問題に関して他大学との間での情報交換を実施していく。